1番得するクレジットカード徹底比較

クレジットカード比較に役立つ情報が満載!

使えば使うほど得するクレジットカードを厳選し、ポイント(マイレージ)プログラムや付帯サービスを分析し徹底比較!

クレジットカードに関する用語集

あ行

アクワイアラー(アクワイヤラー)
アクワイアラーはクレジットカード加盟店に関する業務を専門に行う業者のこと。アメリカではクレジットカード業務は分業によって行われ、クレジットカード加盟店の開拓や加盟店手数料の関する業務はアクワイアラーと呼ばれる業者が専門に行っている。日本ではクレジットカード1 社でほとんどの業務を行っているので、日本のクレジットカード会社はアクワイアラーとカード発行をするイシュアーを兼ねている。
アドオン方式
金利や手数料の計算方式の一種。電卓で計算ができるため主にショッピングクレジットなどの手数料計算に使用される。アドオン方式の年率は実質年率と比べ低く表示されるため注意が必要。
アフィニティカード
クレジットカードは企業と提携した提携カードと提携をしていないプロパーカードに分けられる。提携カードの中でも非営利団体と提携したクレジットカードをアフィニティカードと呼んでいる。アフィニティカードは社会貢献型カードとも呼ばれ、クレジットカードを利用した売上の0.5 %程度が非営利団体に寄付される仕組みが多い。
暗証番号
クレジットカードやキャッシング・カードには必ず暗証番号の設定が必要となる。特にキャッシングでお金を借入れする時には、ATMを利用するため暗証番号を入力しないと貸付を受けられない。従って暗証番号は第三者にわからない番号にすることが必要で、基本的にクレジットカードにある盗難保険はキャッシング利用には適用されない。(暗証番号がわからないと利用できないことと、万一悪用された場合には暗証番号の管理が悪いと判断されるため)
イシュアー
イシュアーにはクレジットカード発行会社という意味がある。アメリカではVISA やマスターカードはクレジットカードを発行せずブランドだけを提供するブランドホルダーと呼ばれている。クレジットカードを実際に発行するのは金融機関が多い。日本ではクレジットカード会社が1 社でクレジットカードの発行や加盟店業務を行う形態が一般的だ。
意思確認
クレジットカードを申込とクレジットカード会社から意思確認の電話を受ける。なりすましによる申込止する目的や、クレジットカード申込書に記載された内容を確認するためだ。意思確認ができない場合は申込下される。そのためクレジットカード入会条件には「電話連絡が可能な方」という条件をつけているクレジットカードもある。意思確認の内容は記録され、裁判となった場合の証拠ともなるので省略されることはほとんどない。
インプリンター
インプリンターはクレジットカードの券面情報をカード伝票に手動で印刷する機器。使用されるカード伝票は複写式になっていて、クレジットカードの上においてローラーなどでこすることで印刷する。日本では現在ほとんど利用されていないが、アジアなどでクレジットカードを利用する場合はインプリンターを使用することが多い。また、CAT 端末機などが故障した場合のためにインプリンターを所有している加盟店もある。
エンボス加工
クレジットカードのカード番号、有効期限、氏名などは凹凸のある加工が施されてる。これをエンボス加工と呼んでいる。この加工はインプリンターを使用してカード伝票を作成するために施されているもので、この加工がないカードをエンボスレスカードと呼んでいる。国際ブランドのあるカードではアジアでの処理方法がインプリンターによるものが多いため、エンボスレス化には消極的だ。
オーソリゼーション
クレジットカードを利用する場合、クレジットカード会社から利用できるクレジットカードかどうか承認を受ける必要がある。これをオーソリゼーションと呼び、CAT などオンラインで処理する場合は全件オーソリゼーションが必要となる。インプリンターを使用する場合は電話でオーソリゼーションを行うが、この場合はフロアーリミットと呼ばれる金額が設定されていて、3 万円未満の金額はオーソリゼーションが不要となる。そのためクレジットカード会社はCAT 端末機を普及させ、全件オーソリゼーションを行う環境を整えてカードの不正利用を防止している。
ATM
ATM(Automatic Teller Machine)の略で現金自動出納機。これに対し、「出金」だけが可能な機械はCD機(キャッシュ・ディスペンサー)という。
オーソリゼーション
オーソリゼーション(オーソリ)とはカード発行会社から利用に関する承認を得ることで、クレジットカードのショッピングではCATといわれる端末機でオーソリを行う。キャッシングにおいてもATMで暗証番号を入力することにより、利用状況・残高などが照会されて承認を行っている。
オープンジョー
オープンジョーは航空会社の用語で往復航空券に付帯されるサービスの一種。通常往復航空券では到着した空港から帰国することになるが、オープンジョーでは他の空港から帰国することができる。そのため他の観光地を回ってから帰ることができるので、一度の旅行で複数の観光ができるメリットがある。マイレージサービスで獲得できる海外の特典航空券ではこのオープンジョーが利用できる。
ページのトップへ戻る