1番得するクレジットカード徹底比較

クレジットカード比較に役立つ情報が満載!

使えば使うほど得するクレジットカードを厳選し、ポイント(マイレージ)プログラムや付帯サービスを分析し徹底比較!

クレジットカードに関する用語集

ら行

利息制限法
貸付利息の上限などを定めた法律で、20%を超える金利での貸付には利息の返還請求ができる。しかし出資法では上限金利29.2%と定められており、グレーゾーン金利といわれる金利帯が存在する(法改正により解消)。
連帯保証人
保証人は大きく分けて2 種類あり、連帯保証人は債務者と連帯して保証する為、債務者と同等の義務を負うことになる。単純保証人と呼ばれる保証人では請求された場合に、まず債務者に先に請求することを要求できる。しかし、連帯保証人は請求を拒むことはできず、極端な場合には債務者本人よりも先に請求されても支払う義務がある。クレジット利用や金銭の貸付を受ける場合の保証人は連帯保証人が原則だ。そのため連帯保証人になる場合には十分に考えて、支払ができることを前提に引き受けないと大きなトラブルとなる。
リボルビング専用カード
1 回払いの利用も自動的にリボルビング払いとして請求を行うクレジットカードをリボルビング専用カードと呼ぶ。クレジットカード会社の利益は手数料収入が基本であるため、利益率を高くするために考えられたクレジットカード。ただし、毎月の設定金額未満の利用については手数料がかからないケースが多い。クレジットカード会員向けにはポイント付与が優遇されるなどのメリットがあるが、リボルビング払い専用カードを利用する場合は毎月の支払金額を高く設定して1 回払いとして利用することを心がけるとメリットが大きい。
リボルビング払い
リボルビング払いはクレジットカードの支払方法のひとつで、毎月の支払金額を指定して利用することができる。そのため何回利用しても支払金額はほぼ一定なので返済が楽になる。ただし適正な支払金額を設定しないと、残高が減りにくくなり手数料負担が増加するというデメリットもある。海外のクレジットカードはこのリボルビング払いが基本となっている。ミニマムペイメント方式と呼ばれる最低支払金額を設定してそれ以上の金額であればいくらでも支払えるシステムだ。1 回払いができるクレジットカードはなく、チャージカードと呼ばれる特殊なカードでなければ1 回払いで返済することはできない。
ページのトップへ戻る