1番得するクレジットカード徹底比較

クレジットカード比較に役立つ情報が満載!

使えば使うほど得するクレジットカードを厳選し、ポイント(マイレージ)プログラムや付帯サービスを分析し徹底比較!

クレジットカードに関する用語集

た行

多重債務
支払能力を超えて多くの債務を抱えた状態を多重債務という。多重債務に陥ると返済のための借入を繰り返すようになり、債務はさらに膨らんでいくことになる。多重債務になった場合は早めに専門家に相談して債務整理などを行う必要がある。無料相談できる日本クレジットカウンセリング協会は公的な組織で、無料で債務整理まで行ってくれるので、弁護士費用も支払えない場合でも利用できる。貸金業法が改正された理由のひとつには多重債務者が増加することを防ぐ目的もある。
遅延損害金
遅延損害金は支払が決められた日までに行われなかった場合に加算される金利のことで、支払うまで日割りで加算される。貸付金に対する遅延損害金は金利の1.46 倍までに決められている。しかし、カードショッピングなどの割賦販売法の規制を受ける利用では、残高に対して年6%以内であれば自由に遅延損害金を設定することができる。一般的にショッピング利用の場合は請求金に対して遅延損害金がかかる。
チャージカード
チャージカードは1 回払い専用のカードで、ダイナースクラブやアメリカン・エキスプレスから発行されている。日本のクレジットカードでは1 回払いを始めとしてさまざまな支払方法を利用することができるが、海外のクレジットカードの支払方法はリボ払いが原則。1回払いができるカードはチャージ-カードの名称で、クレジットカードとは区別されている。
チャージバック
クレジットカードが海外で不正利用された場合に行う処理がチャージバックだ。日本のクレジットカードで行われるキャンセル処理に近いが、加盟店支払を拒むことができる強制的な処理となる。海外のクレジットカード利用では不正利用を防止する義務は加盟店にある。そのため不正利用でないことを証明するのも加盟店の義務となり、証明できない場合はクレジットカード会社から支払を拒否される。クレジットカード会社では不正利用と思われる場合は加盟店に売上伝票の写しを要求することができる。伝票にサインがなかったり、サインがクレジットカードのものと違った場合は支払が拒否される、また一定期間内にカード伝票が送られてこなかった場合も同様にチャージバックされる。ただし、チャージバックできる期間にも限度があるので、不正利用された場合は早めにクレジットカード会社に連絡することが必要だ。
チェックデジット
クレジットカード番号が偽造されないように、また間違ったクレジットカード番号の入力を防ぐためにクレジットカード番号の中に設定されたチェック用の数字のことをチェックデジットと呼ぶ。クレジットカードの番号は16 桁が多いがその中の1~2 桁はチェックデジットで、特殊な計算により算出される。
提携カード
クレジットカード会社が他の企業や団体と提携して発行するクレジットカード
デビットカード
即時決済カードのこと。買い物等の利用代金がその都度即時に(または2~3日後に)、利用客の銀行口座から引き落とされる仕組みのカード。1980年代の米国では、預金引出し用のキャッシュカード(アクセスカード)やキャッシュカードとクレジットカードの複合カードを 「デビットカード」と呼んでいたが、1990年代に入ってからは、「短期間(2~5日)で銀行口座から自動振替決済されるクレジットカード」もしくは「買い物時点で、即座にカード代金が、預金口座から引き落とされるカード」をいうようになっている。
定額リボルビングシステム
ミニマムペイメント(毎月最低限支払義務額)が一定額であるリボルビングシステム。定額リボルビングシステムは、さらに「元利定額」と「元金定額」とに分類される。
定率リボルビングシステム
ミニマムペイメント(毎月の最低支払義務額)を、前月締め日における残債(残存元本)の一定割合(通常は5%~10%の範囲で決められることが多い)の元金と1ヵ月間の発生利息を加えた額とする方法のリボルビングシステム。
電子マネー
電子マネーは携帯電話やクレジットカードのIC チップを利用して、電子マネーの加盟店で金銭として利用できるシステム。前払い式と後払い式があり、前払い式電子マネーにはEdy がある。Edy はソニーが開発したIC 通信システムであるFelica を応用した電子マネーで、おサイフケータイとして広く利用されている。前払い方式であるため残高がなくなればチャージ(入金)をして繰り返し利用することができる。後払い式の電子マネーはクレジットカード会社が開発したもので、Edy 同様にIC チップに搭載して利用するが、チャージの必要はない。しかしクレジットカード機能を利用するためクレジットカードがない場合には利用できない。対応する携帯電話がない場合にはIC カードが子カードとして発行される。
ページのトップへ戻る