法人カード徹底比較

法人カード比較に役立つ情報が満載!

法人代表者、個人事業主におすすめの法人カードを徹底比較!経費区分を明確に分類できるクレジットカードです。

法人カードとは?

法人カード』『ビジネスカード』とは、法人や個人事業主など、事業活動を行っている組織に属する個人向けに発行するクレジットカードです。

法人や個人事業主は、商品やサービスの提供を行う「事業」を通じて収益を得ることを目的に活動を行っています。この事業活動を通じて発生した費用を「経費」と呼びますが、法人カードでは、経費の支払いをするためのクレジットカードになります。

法人カードでは、券面にはクレジットカードを使用する「使用者」の他に、会社名もしくは屋号が記載されます。法人カードは、法人もしくは個人事業主に属している代表者や従業員に対して発行されます。

法人カードと個人向けカードの違い

法人カードと個人向けカードの違いとしては用途にあります。個人が普段使っているクレジットカードは、生活を行うための「消費」に使うことを目的に発行されていますが、法人カードは、前章でも記載しましたが、事業活動を行う上で必要な「経費」を支払う目的で発行されたものです。

個人カードも法人カードもクレジットカードを利用してお金を支払うという仕組みは同じですが、個人カードは支払い機能の他に、生活を快適にする付帯サービスが提供されていますが、法人カードでは、ビジネスに特化した付帯サービスが充実しているのが特徴です。

また、審査基準についても個人カードと法人カードでは異なっています。個人カードでは、発行対象の個人における年収や職業、年齡など個人情報を通じて審査を行いますが、法人カードでは、企業の設立年や企業の財務状況などからカード発行の可否を判断されています。

法人カードとビジネスカード・コーポレートカードの違い

法人や個人事業主に発行されているクレジットカードを「法人カード」と呼びますが、その他にも「ビジネスカード」や「コーポレートカード」もよく聞かれます。

この3つの違いとしては、クレジットカード会社によって呼び方が異なるだけで、事業活動に活用するクレジットカードであることはどれも同じです。

ただし、クレジットカード会社によっては、独自に発行対象の企業や目的に応じて使い分けていることもあります。

例えば、JCBカードが発行している法人カードは、大企業向けに発行するカードは「ビジネスカード」、中小企業や個人事業主向けに発行するカードは「コーポレートカード」と定めています。

大企業向けに発行している「ビジネスカード」では、企業に属している社員を対象にカードを発行し、各社員がカードの利用代金を支払います。一方、「コーポレートカード」は、企業に属している社員を対象にカードを発行し、その支払いを法人もしくは個人事業主がまとめ支払います。

ページのトップへ戻る