法人カード徹底比較

法人カード比較に役立つ情報が満載!

法人代表者、個人事業主におすすめの法人カードを徹底比較!経費区分を明確に分類できるクレジットカードです。

法人カードのメリットとデメリット

法人カードのメリット

法人カードのメリットとしては、カードで支払いを集約できるため経理業務が効率化できることや、経費処理といった業務が不要になる、手持ちの現金に余裕ができること、ポイントサービスなど付帯サービスが受けられる点にあります。

経理業務が効率化でき本来の業務に集中できる

通常、経費を支払う場合、伝票を用意し銀行振込の手続きを行い、商品の受領やサービスを受けた後は、領収書を用意して清算処理を行います。そのため、1つの支払いで多くのプロセスが発生することに加え、多くの書類に必要事項を記入する印鑑を押すなどの多くの手間が発生しているのも事実です。

経費の支払いをクレジットカードで行うことで、月1回の支払いに集約できるため、経費処理に関わる業務も1回で済みます。また、支払い履歴もカード利用明細で確認できるため、後々、決算処理などで発生した経費を確認するのも容易になります。

そのため、経理業務に関わる業務を大幅に効率化できます。特に中小企業や個人事業主では、経理以外にも複数の業務を掛け持ちしていることも珍しくありませんが、経理業務を効率化して余った時間を本来の業務に充てることで生産性の向上にも期待できると言えます。

決まった日に銀行口座から引き落とされるため手持ちの現金に余裕ができる

クレジットカードで支払うことで、毎月決まった日に指定した銀行口座から引き落とされますので、手持ちの現金に余裕が生まれるメリットがあります。

従来は、経費の支払いが発生する都度、現金が出ていくことになり、場合によっては手持ちの現金が少なくなってしまうということもしばしばあります。経費の支払いをクレジットカードに切り替えることで、支払いは翌月に繰り越しができますので、現金をいつでも手厚く保有できます。

さらに、経費を銀行振込で行っていた場合、取引条件によっては振込手数料が発生する場合があります。クレジットカードであれば、毎月銀行口座から自動的に引き落とされますので、振込手数料を削減し、わずかなことではありますが経費の削減にもつながり、収支の改善にもつながります。

ポイントプログラム

法人カードでも個人カード同様にポイントサービスが受けられます。

クレジットカードを使うと支払金額に応じて、カード会員に対してポイント還元を行います。ポイント還元率としては0.5%~1%が多いですが、貯まったポイントを有効に使うことで経費の削減につながります。

例えば、貯まったポイントを航空マイレージに交換できるクレジットカードであれば、出張が多い法人や個人事業主であれば、クレジットカードで貯まったマイレージを活用して出張代を安く抑えることもできます。

ビジネスに関連した付帯サービスが充実

法人カードは経費の支払いやポイントサービスが受けられるだけではなく、ビジネスに関連した付帯サービスも充実しているのも大きな特徴です。

個人向けクレジットカードにも付帯していますが、代表的な付帯サービスとして「国内・海外旅行保険」や「ショッピング保険」があります。詳しくは「法人カードに付帯されている代表的なサービス」で紹介しますが、出張が多い法人や個人事業主にとって、出張の保険に加入する手間が省けるといえます。

また、オフィス用品が割引価格で購入できる特典や、ビジネスラウンジサービス、福利厚生サービスが付帯しているクレジットカードもあります。

そのため、付帯サービスを上手く利用することで、経費を削減できることに加え、生産性向上の手助けにもなると言えます。

法人カードのデメリット

法人カードは経費をクレジットカードで支払うことで経理業務が効率化できることや手持ちの現金を手厚く保有できるメリットがありますが、法人カードもクレジットカードであるため、不正利用のリスクがあります。また、年会費を支払う必要があることもあらかじめ留意しておく必要があります。

不正利用など常に利用状況をチェックする必要がある

法人カードも個人向けに発行されているクレジットカード同様に、カード番号が漏洩した場合、不正利用のリスクが高まります。

従来、現金で支払っていた経費をクレジットカードで支払うことになりますので、支払う毎に経費処理を行う必要がなくなる反面、チェックが疎かになりカード会社から請求書が来た時点ではじめて不正利用が発覚してしまうということも考えられます。

ただ、近年では各クレジットカード会社ではインターネットで利用明細を確認できるサービスを提供しています。そのため、定期的に利用明細を確認し、見覚えのない請求が発生していないかチェックすることが重要です。

使いすぎにより請求額が高額になる可能性も

こちらも法人カードに限らず、個人カードでも同様ですが、クレジットカードの使いすぎにより、請求額が高額になる可能性もあります。

経費の支払いをクレジットカードで行うことで、日々の経費処理が不要になることから、お金を支払っているという感覚が無くなってしまい、クレジットカード会社から請求書が来た時点で今月の予算を大幅にオーバーしていたという事態になることも十分に考えられます。

こちらも、先程紹介した不正利用と同様ですが、クレジットカード会社が提供しているインターネットの利用明細を定期的にチェックするなどして、計画的に利用することが重要です。

年会費が発生する

法人カードの多くは年会費が発生するカードが殆どです。年会費は法人カードに付帯されているサービスやステータスによって様々ですが、一般カードでは1,000円から2,000円、ゴールドカードクラスであれば1万円の年会費が発生します。

経費処理が楽になるという理由だけで、年会費が高いクレジットカードを導入しても、付帯サービス利用しなければ、年会費だけ支払ってしまうということにもつながります。

そのため、法人カードを検討する場合、クレジットカードとしての機能性はもちろんですが、付帯サービスなどもしっかりと調べた上で、年会費を支払っても元が取れるクレジットカードを選ぶことが重要です。

ページのトップへ戻る