1番得するクレジットカード徹底比較

クレジットカード比較に役立つ情報が満載!

使えば使うほど得するクレジットカードを厳選し、ポイント(マイレージ)プログラムや付帯サービスを分析し徹底比較!

ガソリン代を節約するクレジットカード比較

クレジットカード会社が独自発行するガソリンカード

今、原油高のためガソリン代が高騰しています。原油って、この10年位で10倍くらい値上がりしているんですね(10年前の1998年頃は$10ソコソコ)!?そりゃ~、ガソリン代も値上がりするはずだ・・・
これからも経済情勢によって上下することはあっても、基本的には上がっていくんじゃないかな!?

クレジットカードの中には、そのガソリン代を節約してくれるクレジットカードがあるのです。上手に利用して、このガソリン高騰時代を乗り切りたいものです!

ガソリンカードには各ガソリン会社(石油元売会社)とクレジットカード会社が提携し自社ガソリンを給油する顧客を確保するために発行するガソリンカードと、クレジットカード会社が独自発行しガソリン代や高速代の一部をキャッシュバックしてくれるガソリンカードがあります。

ガソリン会社との提携で発行するガソリンカードはガソリンカード徹底比較で詳細に解説しています。ここでは、クレジットカード会社が独自発行しているガソリンカードである、JCB ドライバーズプラスカードNTTグループカードついて解説します。

これらのクレジットカードは月間総利用額に応じて、ガソリン代(その他ガソリンスタンドでの利用も含む)や高速代(ETC利用分も含む)の一部をキャッシュバックしてくれるクレジットカードで、まさしくガソリン代・高速代を節約するクレジットカードといえるでしょう。

ポイント還元率(クレジットカード総利用額からのキャッシュバック率)はガソリン・高速の利用額とクレジットカードの総利用額によって変動します。

従って、これらのクレジットカードがお得かどうかを判定するには、月間のクレジットカードの総利用額とガソリン代・高速代からポイント還元率をシミュレーションする必要があります。

お得なクレジットカードであるポイント還元率(キャッシュバック率)のボーダーラインは1%に設定します。キャッシュバック率は月平均で1%以上は欲しいところです!

ガソリン会社が発行するガソリンカードと比べた場合の最大のメリットは、給油する際にガソリンスタンドの系列を選びません!
どこのガソリンSSで給油してもキャッシュバックの対象になります。さらには、高速道路の利用分もキャッシュバックの対象になるので、走行距離が多く、どこのガソリンスタンドで給油するか全く未定のドライバーにおすすめです!

ただし、クレジットカード会社が発行するガソリンカードは請求時のみのキャッシュバックになります。ガソリンSSの店頭では、会員価格でのガソリン販売はしてくれません。通常のクレジットカード利用と同じ価格でのガソリン販売になります。

JCB ドライバーズプラスカードの特徴

JCBドライバーズプラスは、1ヵ月間のクレジットカード利用金額に応じてガソリン代・高速代(ETC利用分も含む)の利用料金から以下のレートでキャッシュバックされます。ガソリンスタンドの系列を選びません!全てのガソリンスタンドの利用分がキャッシュバックの対象です。

JCB ドライバーズプラスカードのキャッシュバック率
月間クレジットカード利用額 ガソリン代・高速代からのキャッシュバック率
利用額0~29,999円 0%
利用額30,000円~49,999円 2.5%
利用額50,000円~74,999円 5%
利用額75,000円~99,999円 7.5%
利用額100,000円~149,999円 10%
利用額150,000円~199,999円 15%
利用額200,000円~249,999円 20%
利用額250,000円~299,999円 25%
利用額300,000円以上 30%

キャッシュバックの対象となる、ガソリン代・高速代の利用料金の上限は20,000円です。従って、最大のキャッシュバック金額はその30%である、6,000円ということになります。
※クレジットカード利用額が月間30,000円未満の方はキャッシュバック額は0円なので、JCBドライバーズプラスカードを持つ価値ありません。

ガソリン代・高速代が月間10,000円の場合のポイント還元率
月間クレジットカード利用額 キャッシュバック率 キャッシュバック額 ポイント還元率
0~29,999円 0% 0 0%
3万円~49,999円 2.5% 250円 0.5%~0.83%
5万円~74,999円 5% 500円 0.67%~1%
75,000円~99,999円 7.5% 750円 0.75%~1%
10万円~149,999円 10% 1,000円 0.67%~1%
15万円~199,999円 15% 1,500円 0.75%~1%
20万円~249,999円 20% 2,000円 0.8%~1%
25万円~299,999円 25% 2,500円 083%~1%
30万円以上 30% 3,000円 ~1%
ガソリン代・高速代が月間20,000円以上の場合のポイント還元率
月間クレジットカード利用額 キャッシュバック率 キャッシュバック額 ポイント還元率
0~29,999円 0% 0 0%
3万円~49,999円 2.5% 500円 1%~1.67%
5万円~74,999円 5% 1,000円 1.33%~2%
75,000円~99,999円 7.5% 1,500円 1.5%~2%
10万円~149,999円 10% 2,000円 1.33%~2%
15万円~199,999円 15% 3,000円 1.5%~2%
20万円~249,999円 20% 4,000円 1.6%~2%
25万円~299,999円 25% 5,000円 1.67%~2%
30万円以上 30% 6,000円 ~2%

JCBドライバーズプラスカードの還元率は計算しやすいです。
目安ではありますが、月間のガソリン・高速利用代が10,000円なら還元率は最大で1%、15,000円なら最大で1.5%、20,000円以上なら最大で2%というように変動します。

還元率から考えると、ガソリン代・高速代の利用額合計が月間10,000円以下ならJCBドライバーズプラスカードを持つ価値は薄いと思いますが、20,000円以上あるなら赤文字で表示したように、高ポイント還元率で非常にお得なクレジットカードでメインカードとしても、めちゃくちゃおすすめです!15,000円でも十分高還元で、メインカードとしての実力は十分です。

ガソリン代と高速代の合計で月20,000円というと、かなりハードルが高い気もしますが、レギュラー満タンで6,500円くらいになる(130円×50リッターとして)ご時世です。これにスタンドでオイル交換したり、洗車代、高速代(ETC利用分含む)も含めれば、ドライブが大好きな方や車営業の方ならそれほどハードルは高くないのではないでしょうか?もちらん、家族カードでの利用分もキャッシュバック利用の対象です。

年会費と付帯サービス
クレジットカードの種類 JCBドライバーズプラスカード JCBドライバーズプラスゴールドカード
初年度年会費 無料 10,000円+消費税
年会費 1,250円+消費税 10,000円+消費税
家族カード 400円+消費税(初年度無料)

1人目:無料(1人目)
2人目から:1,000円+消費税

ETCカード 無料 無料
ロードサービス × ×
海外旅行保険 × 最高1億円
国内旅行保険 × 最高5000万円
ショッピング保険 100万円/90日間(海外) 最高300万円/90日間
空港ラウンジ × ○(国内28空港)

NTTグループカードの特徴

NTTグループカードもクレジットカード会社が単独で発行するガソリン代を節約するクレジットカードですが、JCBドライバーズプラスカードとは趣を異にするクレジットカードです。

出光SSでの利用分からのみのキャッシュバックなので、どちらかというと出光ガソリンカードに近いクレジットカードだといえます。

キャッシュバック方法は、出光まいどプラスカードのようにいつでも請求時2円引きではなく、出光SSでのクレジットカードの利用10,000円につき1.0ポイント(小数点第2位以下切捨て)が貰え、レギュラー・ハイオクの場合はポイント数 X 2円/リッター、軽油の場合はポイント数 X 1円/リッター がキャッシュバックされます。最大で20ポイント迄貰えるので、レギュラー・ハイオクの場合、最大で40円がキャッシュバックされます。

※前月16日から当月15日までの出光SSでの利用で、利用ポイントが翌月16日に貰えます。16日以降1ヶ月間に給油したガソリン代からキャッシュバックされます。キャッシュバックまでのタイムラグは最大で2ヶ月になります。

NTTグループカードで嬉しいのは、1,000円以上10,000円未満の利用の場合、0.1ポイント~0.9ポイントではなく一律1ポイント貰えます。月に1回以上給油すれば、必ず1ポイント以上貰え、リッター2円以上の値引きが受けられるのです。

様々な利用ケースでシミュレーションしてみます。

ガソリン価格(リッター当たり) 給油量50リッター時還元率 給油量100リッター時還元率 給油量150リッター時還元率
100円 2% 2% 2%
110円 1.82% 2% 1.94%
120円 1.67% 2% 2%
130円 1.54% 2% 1.95%
140円 1.43% 2% 2%
150円 1.33% 2% 1.96%
軽油価格(リッター当たり) 給油量50リッター時還元率 給油量100リッター時還元率 給油量150リッター時還元率
70円 1.43% 1.43% 0.95%
80円 1.25% 1.25% 1%
90円 1.11% 1.11% 0.96%
100円 1% 1% 1%
110円 0.91% 1% 0.97%
120円 0.83% 1% 1%

NTTグループカードでは、出光SSでの利用金額が1万円以上になると、利用金額に応じて貰えるポイント数が変動するので、ガソリン小売価格が変動しても、その分出光キャッシュバックポイントも変動するのでポイント還元率に、ほとんど変化はありません。
※出光SSでの利用金額が1万円未満の場合は、出光キャッシュバックポイントは1ポイント(レギュラー・ハイオクの場合は2円/リッターのキャッシュバック)に固定されるので、ポイント還元率はガソリン小売価格により変動します。

キャッシュバック対象は期間内に100リッターまでなので、100リッターを超えて給油しても、それ以上還元率が上がることはなく、ほぼ一定です。しかし、その還元率はレギュラー・ハイオクの場合、2%と高還元率を誇ります。

NTTグループカード VS 出光カードまいどプラス

NTTグループカードと出光まいどプラスカードのお得度の比較は難しいです・・・

お持ちの車がディーゼル車(軽油給油)である場合や月に1回も給油しない月次が存在する可能性がある場合は出光カードまいどプラスを選ぶべきでしょう!NTTグループカードはポイント付与とキャッシュバックにタイムラグがあります。ポイントが0だった場合、その対象月のキャッシュバックは0になってしまいます。

ハイオクやレギュラーを給油する場合、出光SSでの利用額が10,000円まで(ガソリン価格130円の場合約80リッター)なら、リッター2円引きで、どちらのクレジットカードも全く同じですが、出光カードまいどプラスカードの場合、利用金額がポイントプログラムの対象にもなるので、出光カードまいどプラスカードのほうが、ややお得度が高いです。

出光SSでの利用額が期間内で10,000円を超えてくると(ガソリン以外の利用額も含む)、NTTグループカードの還元率が出光カードまいどプラスを上回ってきます。期間内キャッシュバック対象の上限である100リッターまで還元率はどんどん上がってきます!上限である100リッターを給油した場合の還元率は2%にもなります。ただし、上限は100リッターなので、これ以上給油しても還元率があがるわけではなく、2%で維持されます。出光SSでの利用額が月間10,000円以上あるなら、NTTグループカードを選んだほうがお得度が高いです!
※給油時値引きは考慮していません(出光カードまいどプラスで給油した場合、多くの出光SSで給油時値引きを実施しています)。

いずれにしろ、NTTグループカードも出光まいどプラスカードも年会費は永年無料です。オリジナルのポイントプラグラムの還元率は決して高いとはいえませんが、ガソリン給油時の還元率でみるとキャッシュバックや金券還元のクレジットカードでこれだけのポイント還元率は中々見当たりません!

出光カードまいどプラスやNTTグループカードは出光でのガソリン給油のためだけに持っておいても十分お得なクレジットカードといえます。

参考出光カード徹底解剖

当サイト限定キャンペーン実施中!~2017年6月30日
当サイト経由での入会で2,000円分のキャッシュバックが貰えます。NTTグループカードへの入会は当サイト経由が絶対的にお得です。

  • NTTグループカードの券面
  • NTTグループカードの詳細を見る
  • NTTグループカードの公式サイトへ

NTTグループカード

年会費無料クレジットカードとしてはポイント還元率も高く、また出光ガソリン専用カードとしてだけでも持つ価値のあるクレジットカードです。

1,000円~10,000円の出光での利用で出光カードと同等のキャッシュバック率、それ以上の利用ならキャッシュバック率はどんどん上がってきます。

キャンペーン実施中に加え、サービス満載のクレジットカードです。

初年度年会費 年会費 ETCカード 家族カード
無料(WEB明細) 無料(WEB明細) 500円/年 無料
ポイント還元率 ポイント付与 有効期限 国際ブランド
0.5%~0.66%(ポイント)
最大1.5%(キャッシュバック)
1,000円=10P 最大2年間
当月キャッシュバック
VISA Master
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 ロードサービス
ページのトップへ戻る