ETCカード徹底比較

ETCカード比較に役立つ情報が満載!

お得で便利なETCカードについて検証しています。人気がありおすすめのETCカードを厳選して徹底比較!

ETCカードを詳細解説!

ETCを利用すれば、高速道路の料金支払いが自動化され料金所で停止する必要がありません。便利なのはもちろん、高速道路料金が割引になり(お得1)、ETCマイレージサービスのポイントが貰え(お得2)、ETCカード利用によるクレジットカードのポイントが貰え(お得3)と、ETCは現金払いに比べ3重にお得なのです!!高速道路の全面無料化は完全に暗礁に乗り上げました。これからもETCの3重にお得なメリットは継続されると思われます。

ETCカードはクレジットカードの追加カードとして発行され(ETCパーソナルカードを除く)、ETCカード利用分も通常のショッピングと同じようにポイントが貰えます。すなわち、お得なETCカードを選ぶってことは、イコールお得なクレジットカードを選ぶってことです。

当サイトでは、ETCカード発行手数料やETCカード年会費が無料のクレジットカードを中心にお得度を徹底比較しています。「年会費」「ポイント還元率」「付帯サービス」「キャンペーン」等を比較して、どのETCカードを選ぶかの参考にしてください。

一押しのETCカード

ETCカードおすすめランキング

VIASOカードと追加ETCカードの券面

ETC新規発行手数料1,000円。ETC利用分はポイント2倍とETC利用分にポイント優遇あり!

ネットショッピングとETCカードのサブとして最適!

三井住友VISAクラシックカードAと追加ETCカードの券面

マイ・ペイすリボ登録で年会費無料。

ETCカードは初年度年会費無料で翌年度以降も年間たった1回のETC利用で無料!

イオンSuicaカードと追加ETCカードの券面

ETCカードも含め年会費無料。ETCカードには『ETCゲート車両損傷お見舞金制度』付帯!

イオングループでの割引も魅力です。

人気のETCカード

出光カードまいどプラスと追加ETCカードの券面

ETCカードも含め年会費無料。いつでもガソリン・軽油2円引き、灯油が1円引きです。

ガソリンカードはETCカードと相性抜群。

楽天カードと追加ETCカードの券面

クレジットカードとしては一押しですが、ETCカードに年会費500円(税別)が必要です。

楽天ランクが「プラチナ会員」 はETCカード年会費も無料。

リクルートカードと追加ETCカードの券面

ETCカードも含め年会費無料。

ポイント還元率1.2%、有効期限は実質的に無期限、付帯サービス充実でETC専用サブとしてもメインとしてもおすすめ!

ETCとは?

ETC専用レーン

ETCとは、「Electronic Toll Collection System」の略で、高速道路の渋滞を緩和するために開発された、高速道路(有料道路)料金の支払いを自動化するためのシステムです。

自動車に搭載したETC車載器と料金ゲートのアンテナとの間で、高速道路料金に関する情報を交信し、その料金をETC車載機に挿入したETCカードによって支払います。ETCカードによって支払われた高速道路料金はクレジットカード利用分として後日決済されます。

ETCのメリット

ETCのメリットを享受する為にはETC車載器を車両に取り付け、ETCカードを申込む必要があります。

ETC車載器とETCカード

ETC車載器とETCカード

ETCを利用するには、自動車の車両情報を登録(セットアップ)したETC車載器と料金支払いのためのETCカードが必要になります。

ETCカードをETC車載器に挿入し、ETC専用レーンを通過するだけで、高速道路料金はETC利用分としてクレジットカード決済されます。

ETC車載器は登録された車両情報(車種によって高速道路料金が異なるため)/料金情報を料金所のアンテナと無線通信する役割を受け持ち、ETCカードは高速道路料金を決済する役割を受け持っています。

ETCカードの役割は料金決済のみです。従って、どのETC車載器(車両)とも組み合わせ自由です。レンタカーに搭載されたETC車載器や友人から借りた自動車のETC車載器にも自分のETCカードを挿入し決済できます。また、友人と一緒にドライブに出かけた時には、行きは自分のETCカード、帰りは友人のETCカードで料金を支払うなんてことも可能です。

ETC車載器についての詳細情報や格安(無料)での入手方法については、ETC車載器を無料(格安)で入手する方法で解説しています。

ETCカードとクレジットカード

ETCカードとは、高速道路料金支払専用のICカードのことです。ETC車載器に挿入することによって高速道路料金を無線通信し自動決済することが可能になります。

クレジットカードと追加ETCカード

ETCカードは、基本的には単独で発行されることはありません。
必ず親カードともいえるクレジットカードの追加カードとして発行されます。ETCカード利用分も親クレジットカード利用分の一部として後日請求されるわけです。従って、ETC利用分も親クレジットカードのポイント付与対象の利用分になります。

ETCカードの年会費(親クレジットカードの年会費とは別)は、まだまだ永年無料に設定しているクレジットカード会社が主流ですが、一部では発行時に発行手数料を徴収したり、低額ではありますが年会費を課すカード会社も増えてきました・・・

発行手数料や年会費が有料のETCカードをあえて選ぶ必要はないと思います!?
メインカードとして選択したクレジットカードのETCカードが有料発行であるなら、ETCカードを永年無料発行してくれるクレジットカードをサブカードに選んじゃいましょう。
ETC専用として利用するのに適したクレジットカードも豊富にありますよ!

各社のETCカード年会費については、ETCカードの選び方で解説しています。また、どのETCカードを選んでいいかわからない方は、まずはおすすめETCカード11選をご参考に!当サイトではお得なETCカード(クレジットカード)の情報をどんどん発信しているし、限定キャンペーンも盛りだくさん!ETCカード選びの参考にしてくださいね。

ETCパーソナルカードって?

ETCパーソナルカード』は、高速道路6社が共同で発行するETCカードのことで単独発行されます(クレジットカードには連動していません)。

でも、魅力は全くありません!!!

年会費が1,234円(税込)が必要な上、高額の保証金(デポジット)を預託しなければなりません。その上、支払の済んでいないETC利用金額の合計がデポジットの80%に達すると利用できなくなります。また、ETC利用分のポイントも貰えません。お得でない上に不便です。

ETCパーソナルカードは最も損なETCカードです!?
信用情報に問題なければ迷わずクレジットカードの追加カードとして発行されるETCカードを選びましょう。

高速道路の料金検索

高速道路料金が検索できます。ETC割引料金も表示されるので、ドライブ前に要チェック!

ページのトップへ戻る