ゴールドカードを詳細解説!

お得でステータス溢れるゴールドカードを厳選し、徹底比較!
当サイトで「ステータス」「付帯保険」「空港ラウンジ」「年会費」「ポイント還元率」「キャンペーン」等を比較してゴールドカード選びの参考にしてください。

迷っている方はコチラ必見→おすすめゴールドカード11選

ゴールドカードは一般カードよりも年会費が高めに設定されています。その分、付帯サービスを充実させたりポイントを優遇することによりサービス面を強化しています!また、一般カードに比べ審査が厳しく与信枠(利用限度額)が大きい傾向にあるので支払時に優越感ってものも感じられるんですよね〜!?

当サイト限定入会キャンペーンを実施中のゴールドカードも多数紹介!!

あなたにとって、年会費以上のサービスや価値、ステータスを提供してくれるお得度の高いゴールドカードを見つけて、ぜひとも積極活用してください!

一押しのゴールドカード

ダイナースクラブカードの券面

ダイナースクラブカード

最高峰のステータスと充実の付帯サービス!申込基準は以前よりずいぶん緩和され、申込み易くなりました!

高額補償の付帯保険に加え、世界100ヵ国450ヶ所以上の空港ラウンジを利用可能!他にも付帯サービスの充実度は際立っています。

参照:ダイナースクラブ 至福のステータスをあなたに

三井住友ゴールドカードの券面

三井住友ゴールドカード

三井住友プライムゴールドカード

パルテノン神殿はステータスの証!日本を代表するゴールドカードが年会費4,000円(税別)で!カードスペックはゴールドカードと同等、20歳代限定発行のプライムゴールドなら年会費1,500円(税別)で!

マイ・ペイすリボ登録で年会費割引、ポイント優遇になります。

参照:マイ・ペイすリボについて

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの券面

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

究極のステータスと最強クラスの付帯サービス!これだけの付帯サービスなら年会費(26,000円+税)が高めなのも頷けます。

アメリカン・エキスプレス・カードも他社のゴールドカード以上の実力!こちらも人気です!

参照:アメックス驚愕の付帯サービス

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

充実の付帯保険、ハーツNo.1クラブゴールド、コナミスポーツクラブ都度利用会員、セゾン手荷物宅配サービスと付帯サービスが非常に充実しています。

ポイント還元率は国内0.75%、海外1%、今なら初年度年会費無料キャンペーン実施中です。

参照:優遇満載!セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

人気のゴールドカード

楽天プレミアムカードの券面

楽天プレミアムカード

楽天ポイントで1%還元!加えて、豊富なキャンペーンでポイントザクザク!

年会費10,000円(税別)で世界600ヶ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス(プレステージ会員)が付帯しています!お得なゴールドカードの代表選手です。

参照:楽天ポイントを極める(楽天カード徹底活用)

JCBゴールドカードの券面

JCBゴールドカード

JCB GOLD EXTAGE

日本発の国際ブランド『JCB』が発行するゴールドカードでステータス性は十分!付帯保険もトップクラスの充実ぶりです。20歳代の方にはGOLD EXTAGEがおすすめ!

2年連続100万円以上利用するとJCBゴールド・ザ・プレミアへ招待されます。

参照:JCBカードの魅力(ゴールドカード編)

新生アプラス ゴールドカードの券面

新生アプラス ゴールドカード

初年度年会費無料、翌年度以降年会費も5,000円(税別)と格安のゴールドカードながら、その実力は本物!

充実の付帯保険に加え、往復対象の手荷物宅配サービスや関西国際空港の『ホテル日航関西空港レストラン』で1,500円まで無料で利用できるサービスが提供されます。

ポイント還元率も年間50万円以上の利用なら最高1.2%と高還元率!

MUFGカード ゴールドの券面

MUFGカード ゴールド

年会費がたった1,905円(税別)のゴールドカードとして人気のクレジットカードです。

最短翌営業日発行とスピード発行対応で充実の付帯サービスと豊富なボーナスポイントプログラム。また、申込み資格のハードルは高くないので、ヤングエグゼクティブの方にもお薦めです!

当サイト限定キャンペーン実施中のクレジットカード

当サイトとの特別提携が実現!当サイト限定入会キャンペーン実施中!のゴールドカード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

当サイト経由での申込みで、2,000円分のAmazonギフト券が貰えます。
( 〜10月31日まで

初年度年会費(10,000円+税)無料キャンペーンも同時開催中!。セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードに申し込むなら今がチャンス。

カード詳細は優遇満載!セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードをご参考に。

>>キャンペーン公式

P-oneカード<G>

P-oneカード<Premium Gold>

当サイト経由での申込で、もれなく2,000円分のAmazonギフト券が貰えます。

さらに、期間限定キャンペーンとして、最大17,000円分のキャッシュバックが貰えるキャンペーンも同時開催中!
〜11月30日まで

詳細はいつでも1%割引のP-oneカードをご参考に。

>>キャンペーン公式

ゴールドカードとは?

ゴールドカードとは一般カード(スタンダードカード/クラシックカード/普通カード)に高品質のサービスや特典を追加した上位グレードのクレジットカードのことです。
一般的にカード券面が金色(ゴールド)なので『ゴールドカード』と呼ばれています。
※ダイナースクラブやシティ リワード ワールドカード等、必ずしも券面が金色なわけではありません。

ゴールドカードには付加価値の高いサービスが追加されている分、年会費は一般カードよりも高額に設定されています。また、利便性を高めるために一般カードよりも高額の利用限度額(与信枠)が設定されています(100万円以上に設定されている場合が多い)。

高額の与信枠を与えるってことは、クレジットカード会社側からみるとリスクもより高まるわけです。
そのため、ゴールドカードの審査基準は一般カードよりも難易度が高くなります。ゴールドカードホルダーは、難易度の高い審査を突破して所有している方ってことで『ステータス』が高いと認識されているのです。
ステータスって目に見えないけど、ゴールドカード保有動機の一つですよね!?

ゴールドカードの分類

当サイトでは便宜上、ゴールドカードを下記のように分類しています。

セミゴールドカード
年会費が3,150円以下でゴールドカードの基本サービス(空港ラウンジサービス等)の一部が付帯していないゴールドカード(エグゼクティブカード)。名称はゴールドカードですが、付帯サービス面では一般カードの延長線上かな!?
セミゴールドカードを選ぶなら:セミゴールドカード徹底比較
低年会費ゴールドカード
ゴールドカードの基本サービスが付帯し、年会費を3,000円(税別)〜6,000円(税別)と低額に抑えたゴールドカード。年会費以上の価値ある付帯サービスを提供しコストパフォーマンスが高いゴールドカードです。
低年会費ゴールドカードを選ぶなら:低年会費ゴールドカード徹底比較
ヤング(若年層用)ゴールドカード
20歳代専用に発行されるゴールドカードで更新時に上位ゴールドカードに切り替わるカード。付帯サービス内容はゴールドカードと同等のヤングゴールドカードもありコストパフォーマンスが高い。
ヤングゴールドカードを選ぶなら:ヤングゴールドカード徹底比較
ゴールドカード
ゴールドカードの基本サービスが付帯した年会費6,000円(税別)越えのゴールドカード。ステータス面で最も優位性のあるゴールドカード。年会費設定や付帯サービスの充実度は発行会社によって異なる。
ゴールドカードを選ぶなら:ゴールドカード比較1/2/3/マイレージ系
プレミアム(プラチナ)カード
ゴールドカードの上位グレードで、さらに付加価値の高いサービスが付帯したクレジットカード。従来はインビテーション(招待)による発行がメインでしたが、現在は申込み発行可能なプレミアムカードが続々と登場。
プレミアム(プラチナ)カードを選ぶなら:申込み可能なプラチナカード(プレミアムカード)

ゴールドカードの基本付帯サービス

ゴールドカードは一般カードよりも、より付加価値の高いサービスが付帯しています。
付帯サービスの内容はゴールドカード毎に異なりますが、基本的な付帯サービスとして下記サービスがあります。

海外旅行保険/国内旅行保険
一般カードにも海外/国内旅行保険が付帯しているカードがありますが、ゴールドカードは補償内容がさらに充実しています。補償額が大きく、付帯条件もほとんどのゴールドカードが自動付帯です。また、家族会員(家族カード所有者)はもちろん、家族会員でない家族の方も補償対象(家族特約)になるゴールドカードも多いです。
ショッピング保険
一般カードにもショッピング保険が付帯しているカードがありますが、ゴールドカードはさらに補償額が大きくなります。
空港ラウンジサービス
ゴールドカードは空港ラウンジが無料で利用できます。一般カードには付帯していないサービスです。
参照:空港ラウンジサービス一覧
ゴールドカードデスク
ゴールドカード会員専用のヘルプデスク。サービス内容はカード会社により異なりますが、通話料無料でカードやサービスに関する内容を相談できるのが一般的です。
(ホテルやレストラン、チケット等の予約代行、健康相談や資産運用アドバイス等)
T&E(トラベル&エンターテイメント)サービス
旅行やグルメ、エンターテイメント関連の割引/優待サービスや付帯サービス。ゴールドカードの種類によって最も差が付く付帯サービスと言えるのかな!? プレミアム(プラチナ)カードは特に充実しています。
手荷物宅配サービスで楽ちん海外旅行
コートお預かりサービスで楽ちん海外旅行

ゴールドカードの年会費

ゴールドカードは付帯サービスやポイントプログラムで優遇されています。
その分、一般カードよりも年会費が高く設定されています。クレジットカード会社によってゴールドカードの年会費設定は異なりますが、ゴールドカードとしての標準的な年会費は『10,000円(税別)』と言えるんじゃないかな!?一般的な傾向として、より充実した付帯サービスを提供しているゴールドカードほど年会費が高い傾向にあります。

最近は、ゴールドカードを発行するクレジットカード会社の戦略により、低年会費ゴールドカードが登場しています!当サイトでは便宜上、低年会費ゴールドカードを3カテゴリに分類しています。

セミゴールドカード

付帯サービス内容を絞ることによって、年会費を格安にしたゴールドカード。
付帯保険の補償内容の抑制や空港ラウンジサービスを提供しないことによって、年会費を2,000円以下に抑えたゴールドカードも登場しています。券面は金色(ゴールド)で、年会費は格安、それなりにステータスが感じられるので人気があるのですが、空港ラウンジを提供しないクレジットカードをゴールドカードと呼べるのか?っていう疑問も・・・

低年会費ゴールドカード

年会費は格安(税抜で3,000円〜6,000円)ながら、ゴールドカードの基本サービスが付帯したゴールドカード。
セミゴールドカードとは異なり、空港ラウンジサービスが付帯しているし付帯保険の補償内容も通常のゴールドカードと遜色ない低年会費ゴールドカードも!ステータス面では、やや見劣りするかな!?

ヤング(若年層用)ゴールドカード

20歳代の若年者専用に発行されるゴールドカード。所定の更新時に上級ゴールドカードに切り替わります。
年会費は通常のゴールドカードよりも安く設定されていますが、付帯サービスはゴールドカードと遜色ないヤングゴールドカードも!ステータス性も高いので20歳代の方には非常におすすめのゴールドカードです!

  • 1番得するクレジットカード徹底比較
  • ETCカード徹底比較
  • クレジットカードでマイルを貯める
  • ガソリンカード徹底比較