1番得するクレジットカード徹底比較

クレジットカード比較に役立つ情報が満載!

使えば使うほど得するクレジットカードを厳選し、ポイント(マイレージ)プログラムや付帯サービスを分析し徹底比較!

海外利用時の事務手数料一覧

クレジットカード発行会社別海外利用時の事務手数料一覧

海外旅行時の外貨両替もクレジットカードがお得!で海外での買い物にはクレジットカードを利用した方がお得であることは説明しました。
海外でクレジットカードを利用し外貨で支払った場合にも、請求の際には当たり前ではありますが、円建てで請求されます。この外貨から円への換算レートはどのように決まっていると思いますか?

国際ブランドである、VISAやMaster、JCBはカード利用代金のデータが各社の決済センターに届いた日(換算日)のレートによって決済処理をします(クレジットカードを利用した日ではありません)。この決済レートにクレジットカード発行会社が為替処理等の事務手数料を加え、我々顧客との換算レートが決まります。

国際ブランド各社の決済レートは、各社とも銀行間取引レート(インターバンクレート・TTMレート・仲値)を採用しているってことになってますが、若干のスプレッド(為替手数料)を乗せているようにサル的には感じます。

サルによる国際ブランドのスプレッド・手数料調査は、ブログで記事にしているので参考にしてください。
国際ブランド別適用為替レート徹底調査
国際ブランド別適用為替レート徹底調査その2
国際ブランド別適用為替レート徹底調査その3
国際ブランド別適用為替レート徹底調査その4

また、クレジットカード発行会社の事務手数料はVISA、Masterが1.63%、JCBが1.6%としているケースが多いのですが、クレジットカード発行会社によって異なっています。

我々ユーザーとしては、海外では少しでも総手数料(スプレッド+事務手数料)が安く、かつポイント還元率の高いクレジットカードを利用したほうがお得ということになります。
総手数料はサルの印象では低い順に、
Master=JCB<VISA<Amex<ダイナース
って感じです。あくまでサルの印象なので、保証はできかねます。あしからず!?

海外利用時の為替事務手数料一覧
国際ブランド VISA Master JCB
SBIカード $1に付き3円
$1=100円時 3%
SuMi TRUST CLUBカード ゴールド・エリート 2.%
クラシック・クリア 2.5%
ゴールド・エリート 2.%
クラシック・クリア 2.5%
ポケットカード 1.63% 1.9% 1.60%
三井住友カード 1.63% 1.63%
住信カード 1.63% 1.63%
JCBカード 1.60%
オリコカード 1.63% 1.63% 1.60%
三菱UFJニコス(MUFG) 1.63% 1.63%
三菱UFJニコス(ニコス) 1.63% 1.63%
三菱UFJニコス(DC) 1.63% 1.63% 1.60%
楽天カード 1.63% 1.63% 1.60%
ビューカード 1.63% 1.63% 1.60%
NTTファイナンス 1.63% 1.63%
ジャックス 1.63% 1.63% 1.60%
ライフカード 1.63% 1.63% 1.63%
セゾンカード 1.60% 1.60% 1.60%
イオンカード 1.60% 1.60% 1.60%
セディナ 1.60% 1.60% 1.60%
ダイナースクラブとアメックスの海外利用時為替事務手数料
ダイナースクラブ TTSレート×1.3%
アメリカン・エキスプレス・カード 2%

手数料率が高いクレジットカードは、SBIカード、SuMi TRUST CLUBカード、アメックスです。海外旅行に行って、複数枚クレジットカードを持っていったなら、これらのクレジットカード以外のクレジットカードで国際ブランドにMasterかJCBが付いたクレジットカードを利用した方がレート的には有利なケースが多いはずです!

もちろん、例え手数料率の高いクレジットカードでも現金やトラベラーズチェックよりはお得です!特にマイナー通貨ではその差は大きいです。

ページのトップへ戻る