1番得するクレジットカード徹底比較

クレジットカード比較に役立つ情報が満載!

使えば使うほど得するクレジットカードを厳選し、ポイント(マイレージ)プログラムや付帯サービスを分析し徹底比較!

海外旅行時の外貨両替もクレジットカードがお得!

外貨への両替

例えパッケージツアーであったとしても、海外旅行に行って現地で一銭も使わないって方はいませんよね?おいしいものを食べたり、土産を買ったり、アクティビティーを楽しんだり・・・せっかく羽を伸ばしに海外旅行にきているんだから、普段よりも財布の紐は緩みがちです!?

この現地通貨の入手、みなさんはどうしていますか?
近くの銀行や出国する空港(成田や関空)の外貨両替所(銀行経営等)で両替するって方が一番多いのではないでしょうか?

それって、ホントにお得な両替方法なんでしょうか?

外貨への両替為替レートの決められ方

よく、ニュースで「本日の為替レートは$1=***円**銭まで下落とか上昇」といった言葉を耳にすると思いますが、銀行等で日本円を外貨に両替しようとしてもニュースや新聞で発表しているレートでは両替してくれません・・・

この新聞やテレビニュースで報道されている為替レートは、銀行間取引レート(インターバンク取引実勢レート)と呼ばれるレートで刻一刻と変化しています。文字通り銀行間では、この刻一刻と変化する為替レートによって取引されているわけです。

一方、我々顧客との取引では、銀行間取引レートに手数料を上乗せして取引レートが決められます。

しかし、顧客との取引で刻一刻と変化するレートを基準にしていては、処理がひじょ~に面倒くさい!?
そこで、1日に1回午前10時ごろのインターバンク取引実勢レートを参考にその日の基準となるレートを銀行が独自に決めます。この基準レートがTTM(仲値・中値)と呼ばれるレートで、TTMに銀行が得る手数料を上乗せしてその日の顧客との取引レートが決められるのです。

TTMレートも手数料も銀行や外貨両替商が独自に自由に決めています。なので、外貨両替所によって有利・不利が存在します。外貨現金という全く同じものに両替するのですから、少しでも有利な条件で両替した方が絶対にお得ということになります。

当ページでは比較をし易くするため、TTMレートは実勢値ではなくTTM=100円として比較をしていきます。

外貨預金や外貨現金に両替する際の為替レート

外貨預金

外貨預金する際も外貨現金に両替する際も、TTMレートに手数料を上乗せして売値レートと買値レートが決められるわけですが、上乗せされる手数料は外貨預金する際と外貨現金に両替する際で異なっています。現金に両替する場合の手数料の方が高く設定されています。

外貨預金の取引は一般にTTMに手数料を上乗せしたTTS(対顧客電信売)レートTTB(対顧客電信買)レートと呼ばれるレートでの取引になります。銀行が顧客に対し外貨を売るレートがTTS(対顧客電信売)レート、銀行が顧客から外貨を買うレートがTTB(対顧客電信買)レートです。外貨預金の他にもトラベラーズチェックや外貨送金の際にもこのレートが用いられます。紙幣等のキャッシュが発生しない取引が電信取引ってことです。
※トラベラーズチェックは最後の砦だったアメリカン・エキスプレスが日本国内での販売を2014年3月31日で終了したので、今後は出回らないと思われます・・・

米ドルのTTSとTTBの場合、上乗せされる手数料は、ほとんどの銀行で±1円です。TTSはTTM+1円、TTBはTTM-1円となります。例えばTTMレートを100円00銭とした場合、銀行はTTSレートの1ドル当たり101円00銭で円を外貨に両替入金し、99円00銭で外貨を円に両替出金します。。
※トラベラーズチェックを発行する際には、別途トラベラーズチェック発行手数料がかかります。

外貨現金に両替する

外貨現金に両替する場合はどうでしょうか?
現金の場合も同様にTTMに手数料が上乗せされたレートでの取引になるのですが、日本円を外貨現金に両替するレートをCash Sellingレート(外貨売レート)、外貨を日本円に両替するレートをCash Buyingレート(外貨買レート)と呼んでいます。

現金の場合TTMに上乗せされる手数料はTTBレート/TTSレートに比べて高い手数料が上乗せされます(外貨紙幣が発生するので)。両替商により手数料に差がありますが、米ドルの場合、銀行ではTTM±3円前後が一般的です。Cash SellingレートはTTM+3円、Cash BuyingtレートはTTM-3円となります。TTMレートが100円00銭とした場合、銀行はCash Sellingレートの1ドル当たり103円00銭で米ドルを販売し、97円00銭で米ドルを購入するわけです。

マイナー通貨(米ドル・ユーロ以外)になると、上乗せされる手数料もハンパじゃありません!?手数料率が片道で10%を超えてくる場合が多いので、これらマイナー通貨を日本で外貨に両替するのは決して得策ではありません。

2015年4月17日の三菱東京UFJ銀行の為替レート(実勢値)と手数料
Cash Selling TTM Cash Buying 為替手数料 片道手数料率
米ドル 121.95 119.05 116.05 ±2.9円 2.76%
ユーロ 143.85 139.85 135.85 ±4円 2.78%
英ポンド 184.10 172.10 160.10 ±12円 6.52%
豪ドル 105.21 95.51 85.81 ±9.7円 9.22%
香港ドル 15.63 13.2 10.77 ±2.43 15.55%
タイ・バーツ 3.61 3.14 2.67 ±0.47 13.02%
ニュージーランド・ドル 95.63 86.93 78.23 ±8.7 9.10%
カナダ・ドル 102.33 93.73 85.13 ±8.6円 8.40%

お得な手数料で両替してくれる外貨両替商としては、金券ショップの大黒屋ならTTM±2円、大黒屋以外でも金券ショップでは有利なCash Sellingレートを提示しているケースが多いです。

トラベレックスの上乗せ手数料はTTM±3.085円(オンライン購入の場合はこれより若干有利です)ですが、なんとクレジットカードを利用して外貨現金を購入することが可能です!(オンライン決済:VISA/Master、店舗決済:JCB)
もちろん、クレジットカード利用時にはポイントがたまりますので、ポイント還元率の高いクレジットカード、例えばリクルートカードプラス(還元率2%)やREX CARD(還元率1.75%)を利用すれば、かなりお得な両替方法です!

TTMレートを100円とした場合の各社のCash Sellingレートと手数料率
Cash Selling 手数料 クレジットカードポイント還元 総手数料 手数料率
みずほ銀行 103円 +3円 3円 2.91%
三菱東京UFJ銀行 102.9円 +2.9円 2.9円 2.82%
大黒屋 102円 +2円 2円 1.96%
トラベレックス 103.085円 +3.085円 -1.81円(還元率1.75%時) 1.275円 1.23%

TTMレート100円、Cash Sellingレート103円とした場合、1000ドルを両替した場合の総手数料は3,000円になり手数料率は約2.91%になります。トラベレックスでTTM 100円00銭、Cash Selling 103円08.5銭として、1,000ドルをポイント還元率1.75%のクレジットカードを利用して購入した場合は、ポイントと相殺した総手数料は1,275円、手数料率は1.23%になります!

注意:各社が設定するTTMレートは各社で独自に設定されます。従って、上乗せ手数料が低いからといって必ずしもお得な両替率というわけではありません。2009年1月14日の実勢値で見てみると、Cash Sellingレートは下記になります。Cash Sellingレートが低ければ低いほど、日本円を米ドルに両替する場合はお得ですし、Cash Buyingレートが高ければ高いほど、米ドルを日本円に両替する場合はお得です!

2015年4月18日各社の実勢値レート
Cash Selling TTM Cash Buiyng 手数料
東京三菱UFJ銀行 121.95 118.95 116.05 ±2.9円
みずほ銀行 122.05 119.05 116.05 ±3円
大黒屋 121.05 119.05 117.05 ±2円
トラベレックス 121.93 118.85 115.76 ±3.085円

国内で両替すべきか?現地で両替すべきか?

外貨に両替する場合、国内で日本円を外貨に両替した方がお得なのでしょうか?それとも海外で両替した方がお得なのでしょうか?

とにかくCash Sellingレートが低ければ低いほど、同じ額の日本円に対し多くの外貨と両替できます。また、Cash Sellingレートは毎日変動しますので、為替相場の変動によっても大きく左右されます。円高に変動していれば「こっち(海外)で両替して得だった~!」ことになりますし、円安に変動していれば「日本で両替しておけば良かった・・・」ということになるわけです。

しかし、為替相場の変動を考慮すると比較ができないので、TTMは全く同じレートとして検討します。

一般に外貨両替は2国間の通貨を比べてマイナーである通貨の国で両替した方が有利です!具体的には米ドル、ユーロ、英ポンドは日本で両替したほうが有利だし、豪ドルや香港ドル、タイ・バーツ、フィリピン・ペソ、シンガポールドル等、その他の通貨は現地で両替した方が有利です。また、カナダ・ドルや東欧諸国、中東諸国、アフリカ諸国の通貨と両替するのは、日本で米ドルやユーロに両替し、現地でその米ドルやユーロを現地通貨に両替するのが、お得だそうです(行ったことないので詳しくはわかりません・・・)!?

ガイドブックなんかでは、行く国にかかわらず日本で両替した方が有利などと記載されてるケースもありますが、日本でいわゆるマイナー通貨(米ドル・ユーロ・英ポンド以外)と両替すると、片道の為替手数料率で10%を超えてくるので注意が必要です。なにしろ、行って帰るだけで20%以上が手数料で消えてしまうのです。

クレジットカードで買い物をした時の為替レート

それでは、クレジットカードを利用して現地で買い物をした場合、どのようなレートで決済されるのでしょうか?

国際ブランドである、VISAやMaster、JCB等はカード利用代金のデータが各社の決済センターに届いた日(換算日)のレートによって円貨への決済処理をします(クレジットカードを利用した日ではありません)。この基準レートにクレジットカード発行会社が為替処理等の事務手数料を加え、我々顧客との換算レートが決まります。クレジットカード発行会社は事務手数料を下記のように定めているケースが多いです(クレジットカード発行会社により異なるので、要チェック)。

国際ブランド 基準レート 事務手数料
VISA データが決済センターに届いた日のVISAインターナショナルが外貨に交換するレート 1.63%
Master データが決済センターに届いた日のMasterCardインターナショナルが外貨に交換するレート 1.63%
JCB 支払い処理を行なった時点の為替レート 1.6%

国際ブランド各社の基準レートとなる基準日は、クレジットカードを利用した日ではありません。利用したデータが各社の決済センターに届き、支払い処理を行った日のレートです。この基準レートは、各社とも銀行間取引レート(インターバンクレート・TTMレート・仲値)を採用しているってことになってますが、若干のスプレッド(為替手数料)を乗せているようにサル的には感じます。

サルによる国際ブランドのスプレッド・手数料調査は、ブログで記事にしているので参考にしてください。
国際ブランド別適用為替レート徹底調査
国際ブランド別適用為替レート徹底調査その2
国際ブランド別適用為替レート徹底調査その3
国際ブランド別適用為替レート徹底調査その4

また、1.6%~1.63%の事務手数料率ですが、米ドルに限った手数料率ではありません。全ての通貨の基準レートに一律の手数料率が加えられるのです!

国際ブランドの決済基準レートを100円00銭とした場合、1,000ドルの買い物をした時、事務手数料は1,630円になります。手数料率は1.6%(総支払額101,630円、内事務手数料1,630円)になります。しかし、ここでポイント還元率1.5%のクレジットカードを利用していたとすると、ポイントによる還元は1,524円になり,実質の手数料は106円です!なんと、実質の手数料率はたった0.1%です。

他の両替方法の手数料率と比べてみてください。しかも、この実質手数料率は米ドル圏でもユーロ圏でも、豪ドル圏でもタイ・バーツ圏でも同じなんです!!

米ドルやユーロで比べても、クレジットカードを利用した場合の手数料率の低さは際立っています!!もう、豪ドルやタイ・バーツ等のマイナー通貨で比べればものすごく有利です!!(実際は基準レートに若干のスプレッドが乗るかもしれないので、手数料率はもう少し上がるかもしれません・・・でも、少々上がったところで圧倒的に有利なのは変わりません)

いかがでしょうか?
海外での買い物やサービスの購入は、クレジットカードが圧倒的にお得だということはおわかりいただけたでしょうか?日本での両替は最小限にとどめて、買い物には出来る限りクレジットカードを利用した方が圧倒的にお得なのです!

還元率が1.75%のREX CARDや還元率が2%のリクルートカードプラスなら手数料は逆ザヤになってしまうくらいなんです!

注意:クレジットカードを利用する時に『円決済』にするか『現地通貨決済』にするか尋ねられることがあります。迷わず『現地通貨決済』を選びましょう!円決済にすると加盟店による独自為替レートでの決済になります。余分な為替手数料が上乗せされているので、現地通貨決済の方がほとんどのケースで有利です!

クレジットカードの適用為替レートの情報がありましたら、上記ブログのコメント欄にコメントをいただけるとありがたいです。集まったデータはサイトやブログで情報として公開していきます!

クレジットカードで外貨キャッシングの為替レート

いくら買い物にはクレジットカードの方がお得だからといって、現金を一銭も持たないで旅をするのは問題ありです!?
トラベレックスでクレジットカードを利用して外貨を購入するのも、米ドルやユーロの場合は手数料率も低くて、いい方法ですが、近くにトラベレックスがない場合や他の通貨の場合はどうすればいいのでしょうか?

そんな場合は、現地のATMでキャッシングしちゃいましょう!
JCBカードやMasterカードはATMネットワーク「Cirrus」に、VISAカードはATMネットワーク「PLUS」に加盟していますので、それぞれのATMでキャッシングする事が可能です。空港にはどちらのATMも必ずあると思いますので、到着したらまず両替です!ただし、操作画面はほとんどの場合、英語です・・・んが、操作方法は簡単です。

キャッシングというとイメージが悪いかもしれませんが、実はコレ非常にお得な外貨の両替方法です!
キャッシングですから当然、金利はかかってくるのですが、為替レートは支払い処理を行った日の為替レート(クレジットカード会社が定めるTTMレート)で決済されます。ショッピング時には上乗せされる1.6%~1.63%の事務手数料は通常かかりません。金利はクレジットカード会社が定める年率を借入期間に応じて日割り計算します。
ただし、ほとんどのクレジットカードでキャッシングの場合はポイントが付与されません・・・

クレジットカードのキャッシング金利は各社まちまちで、以前は出資法の上限である年利29.2%か、それに近い金利が設定されているケースが多かったのですが、最近はグレーゾーン金利の問題があり、全てのクレジットカード会社が利息制限法の上限金利である、15%~18%に引き下げています。

借入期間も締日と支払日が各クレジットカード会社でバラバラなので、一概にはいえないですが、当月15日締め、翌月10日払いとすると、借入期間は25日~55日くらいなので、キャッシング金利を18%として日割り計算をすると、1.22%(25日)~2.64%(55日)の手数料率になります。しかも、米ドルもユーロも豪ドルもタイ・バーツも全て同じ手数料率です。この手数料率より有利なのは、米ドルかユーロをトラベレックスでクレジットカードを利用して両替した時くらいのものです。

国際ブランド会社の決済基準レートを100円00銭とした場合、1000ドルをキャッシングした場合の手数料は1,233円(25日)~2,712円(55日)で手数料率は1.22%~2.64%になります。

これは、あくまでクレジットカードの決済日に自動引落で決済した場合の金利であり、ほとんどのクレジットカードはキャッシング分だけ前倒しで支払う事も可能です(逆に海外でのキャッシングは必ずリボ払いってクレジットカードもありますので確認が必要です)。
そうすれば、手数料はもっと安くなります。例えば帰国後すぐ10日間で前倒し返済してしまえば、手数料は493円、手数料率は0.49%となり、両替方法としては最も有利な方法に早がわりです!

前倒し返済の振込手数料は本人負担になりますが、これも新生銀行を利用すれば月に1回、住信SBIネット銀行を利用すれば月に3回までは条件なしで振込手数料無料で振り込むことが可能です!くわしくはこちらで。

セディナでの海外キャッシングなら振込も必要ありません。
WEBサービス(OMC Plus)からPay-easy(ペイジー)を利用すれば、渡航先からでも帰国後でも海外キャッシング分だけをネットで前倒し返済することが可能です!手数料も無料!!!!

サルのおすすめは『セディナカード Jiyu!da!(国際ブランドはMaster選択)』。年会費永年無料で海外キャッシング分をPay-easy(ペイジー)ですぐに前倒し返済可能です。国際ブランドにMasterを選択すれば為替レートは有利だし、セディナでは海外キャッシングでのATMキャッシング手数料もかかりません。
しかも、海外ショッピングでカード利用する場合はポイント3倍(ポイント還元率1.5%)。サルの海外キャッシングはもっぱらセディナカード Jiyu!da!利用です。

これまでは海外でキャッシングしても、キャッシング利用明細にも記載されているATM利用手数料が請求されませんでした。おそろく、旧貸金業法の影響でクレジットカード会社が負担していたものと思われます!
旧貸金業法では、利用者から徴収する元本以外の金銭を全て利息とみなすという規定があったので、ATM利用手数料も元本以外なので利息ってことになってました。ATM利用手数料も利息として徴収してしまうと利息制限法の上限金利を超えてしまうので、クレジットカード会社は取るに取れなかったのです・・・

ところが、2010年6月に完全施行された改正貸金業法ではATM/CDの利用手数料は利息に含まれないものとなりました。この改正を受け国内キャッ シングの場合、ATM利用手数料を徴収するクレジットカードが一気に増えました。海外キャッシングはまだ過渡期です。徴収しているクレジットカードも徴収していないクレジットカードも混在しているようです。ちなみに、セディナカードJiyu!da!は徴収していません。

キャッシングのATM利用手数料の情報もありましたら、上記ブログのコメント欄にコメントをいただけるとありがたいです。

国際キャッシュカードを利用する

同じように、ATMを利用する方法として、国際キャッシュカードを利用する事も可能です。しかし、決してお得な両替方法とは言えません・・・

銀行 ATM 手数料
SMBC信託銀行 PLUS シティバンクのTTSレート×1.03(3%の手数料)
新生銀行 PLUS VISAインターナショナルが定めたレート(TTM)×1.04(4%の手数料)

TTMレート 100円00銭、TTSレート101円00銭 SMBC信託銀行国際キャッシュカードで1,000ドルを出金した場合の総手数料は4,030円(1,000円+3,030円)、手数料率は3.87%
TTMレート 100円00銭 新生銀行の国際キャッシュカードで1,000ドルを出金した場合の総手数料4,000円,手数料率3.85%
注意:ATMを利用する場合にATM利用手数料がかかる場合があります。ATM利用手数料は考慮していません。

比べてもらえれば一目瞭然です!!
意外に思われるかもしれませんが、国際キャッシュカードよりもクレジットカードによるキャッシングの方が遥かに有利な両替方法です!!

ページのトップへ戻る