1番得するクレジットカード徹底比較

クレジットカード比較に役立つ情報が満載!

使えば使うほど得するクレジットカードを厳選し、ポイント(マイレージ)プログラムや付帯サービスを分析し徹底比較!

新幹線切符の購入はクレジットカードで

東海道・山陽新幹線(東京-博多間)の指定席切符をクレジットカード購入すれば、万一紛失してそれが見つからなくても、ほとんどの場合で払い戻しが受けられます。
現金購入だと切符が見つからないと払い戻しされません。絶対にクレジットカードで購入した方が安心ですよ!

新幹線切符の紛失

みなさん、新幹線の切符を失くしたことってありませんか?

サル(管理人)はおっちょこちょいなので、よく失くすんです・・・
座席前の網袋に入れたまま忘れて下車したり、ごみと一緒にゴミ箱に捨ててしまったり!?東海道・山陽新幹線は車内改札があるので、財布とかに保管せず、すぐに取り出せるように適当に扱っちゃうんですよね!?

そして自動改札機前で探すんだけど、見つからない・・・慌てますよね。

しょうがないので清算所に行って駅員の方に失くした旨を伝えます。
すると、乗車していた新幹線に問い合わせて座席周りや網袋に落ちてないか探してくれます。

それでもない場合・・・

『今後は再購入になる』旨の警告後に許してくれる時もあります。アリガトウ!
んが、同じ切符の再購入を求められ、規則の一点張りで許してくれない時もあります。ムカァー!
何でこんな差があるのか!?サルのイメージでは男性の年配の駅員は許してくれて、女性の駅員は許してくれないイメージです。あくまでサルのイメージなので保証はできません!あしからず!?

許してくれない時は頭に血が上ります。何しろ大阪-東京間だと約15,000円です・・・それを再購入って!?
もちろん、悪いのは切符をなくしたサルです。それはわかってます。。。でも・・・

『領収書(クレジットカード利用控え)があるんだから』とか『車内検札してるのだから』って抗っても、「証明にはなりません」と一喝されて終わりです。

JR側にも言い分があるわけでして、『領収書』や『クレジットカード利用控え』は購入した証明にはなっても、切符を使用したっていう証明にはならないわけですよ。車内検札にしても、検札時には不正なく乗車していたという証明にしかならないわけです。

紛失した切符を無効化できないので、悪意があれば購入後に領収書を貰って払い戻しをしたり、別の方に使用させることができてしまいます。その後、失くしたと言われて払い戻されてはたまったものではありません。失くした切符を拾った方が、払い戻すことや不正利用することも考えられますよね。

そんな訳で、切符を失くした場合は同じ切符(同じ区間/列車/設備等)を再度購入するのが原則なのです。許してくれることもありますが、あくまで内緒で許してくれてるだけなんです。

新幹線切符購入はクレジットカードがお得な理由

再購入した後に、失くした切符を発見した時!!

再購入した切符と失くした切符の両方を1年以内に清算所に持参すると、例え切符の有効期限が切れていても払い戻しに応じてくれます。
※手数料220円(指定券は330円)
※再購入した切符は下車駅で『再収受証明』を受ける必要があります。また切符は持ち帰ります。

ただ、現実的にはどうなんでしょう?
失くした時に必死に探しても見つからなかった切符が後から見つかる可能性なんて、あるのかな!?

ところが、元の切符をクレジットカード購入していれば、失くしてもほとんどの場合で払い戻されます!!
※東海道・山陽新幹線の指定券・グリーン券に限られます。

<東海道・山陽新幹線(東京~博多間)の指定席をご利用された場合の特別なお取扱いについて>

お客様が東海道・山陽新幹線(東京~博多間)発着の指定席(グリーン席を含みます)をクレジットカードで購入され、東海道・山陽新幹線をご利用中(新幹線駅改札内・列車内)に紛失された場合は、当社窓口にお申し出いただき、当社指定の方法によりご申告いただければ、当社が可能な範囲で、紛失されたきっぷの使用状況を確認いたします。

※この場合も、紛失再発行用として同じきっぷ(同じ区間・列車・設備等)をもう一度お買い求めいただきます。
確認の結果、(1)紛失されたきっぷが払いもどされていないこと、(2)他に使われていないことが確認できた場合は、紛失されたきっぷが見つかったものとして、所定の手数料を差し引いて払いもどします。

※払いもどしは、お客様ご指定の銀行口座への振り込みとなります。(振込手数料はお客様のご負担となります。)

※なお、「お得なきっぷ」、旅行商品等の乗車票、普通回数券、定期券を紛失した場合は、このお取扱いの対象外です。

引用 - JR東海 きっぷをなくした場合

上記はJR東海のWEBサイトからの引用です。

クレジットカードで切符を購入していた場合に限り、切符を紛失し、見つからなくても、JR東海側で切符の使用状況を確認し、払い戻しがないことや他での使用がないことが確認できれば払い戻しが受けられるってことです!

東海道・山陽新幹線の指定券を購入するなら現金よりもクレジットカードの方が絶対的に安心です!

ページのトップへ戻る