1番得するクレジットカード徹底比較

クレジットカード比較に役立つ情報が満載!

使えば使うほど得するクレジットカードを厳選し、ポイント(マイレージ)プログラムや付帯サービスを分析し徹底比較!

ライフカードはやっぱりお得!

ライフカードが2017年7月ポイントプログラムを一新。
トータル的には改悪で全ての方が何も考えずに利用してもお得なクレジットカードというわけではなくなりましたが、その圧倒的なボーナスプログラムは健在!!利用の仕方を工夫すれば、まだまだ十分お得なクレジットカードです。

まずは改定されたポイントプログラムについて検証してみます。

ライフカード新規ご入会キャンペーン実施中!~2017年9月30日
ライフカード新規入会と入会後の利用で最大2,000ポイント(10,000円相当)が貰えます。
キャンペーン情報参照:ライフカードの入会キャンペーン情報

ライフカードのポイントプログラム

基本ポイントは1,000円毎に1.0ポイント(100円単位でポイントが貰えます)で、貯まったポイントは以下のレートでVプリカやAOYAMAギフトカード、各種金券等と交換できます。

各種金券との交換必要ポイント
交換必要ポイント 標準必要利用額 交換特典 基本ポイント還元率
300ポイント 30万円 1,200Gポイント(1,200円相当) 0.4%
300ポイント 30万円 1,500円相当の各種ポイント※1 0.5%
600ポイント 60万円 3,000円分のVプリカ 0.5%
600ポイント 60万円 6,000円分のAOYAMAギフトカード 1%
1,000ポイント 100万円 5,000円分のVプリカ※2 0.5%
1,000ポイント 100万円 5,000円分の各種金券※3 0.5%
1,000ポイント 100万円 10,000円分のAOYAMAギフトカード 1%

※1:dポイント、ベルメゾン・ポイント、楽天スーパーポイント、au WALLETポイント
※2:インターネット上のVISA加盟店でクレジットカードと同じように使えるプリペイドカード
※3:ギフトカード、図書カード、QUOカード、JTB旅行券、Amazonギフト券

ライフカードの新ポイントプログラムでは基本ポイント還元率が0.5%・・・
う~ん、、極めて標準的なポイント還元率です。高還元を狙うならAOYAMAギフトカードとの交換でしょうか!?基本ポイント還元率が1%になるので、『洋服の青山』を利用する方はこれで決まり!

しかも旧プログラムではポイントが付与されたEdy/nanacoチャージやJCBギフトカード購入、さらにはETC利用分にはポイントが付与されなくなりました。
電子マネーチャージはわからないでもないけど、ETC利用分まで??ETCカードは他社クレジットカードを利用した方が良さそうです・・・(参照:ETCカード徹底比較

ライフカードの真骨頂ともいえるボーナスプログラムも一新されています。大きな変更点は二点。

  1. 誕生月ポイント5倍→3倍
  2. 新たなステージとしてロイヤルステージが新設

誕生月ボーナスが5倍から3倍に変更になったのは痛いですが、今までが気前良すぎただけとも言えます。実際に月々の利用額から還元率をシミュレートし、ライフカードが自分にとってお得か否か検証する必要があります。

ライフカードのボーナスプログラム
新規入会キャンペーンポイント

入会後1年間ポイント1.5倍(基本ポイント還元率1.5倍)

誕生月ポイント ポイント3倍
スペシャルボーナス 50万円の利用到達で+300ポイント
ステージ制ポイントプログラム
スペシャルステージ 年間利用金額50万円以上で翌年度の基本ポイント1.5倍(基本ポイント還元率0.75%)
ロイヤルステージ 年間利用金額100万円以上で翌年度の基本ポイント1.8倍(基本ポイント還元率0.9%)
プレミアムステージ 年間利用金額200万円以上で翌年度の基本ポイント2倍(基本ポイント還元率1%)

クレジットカードを月に5万円利用するとして、シミュレーションしてみます。

5万円/月利用時 初年度獲得ポイント
誕生月ポイント (通常獲得ポイント50ポイント) x 3倍 =150ポイント
通常月ポイント 50ポイント x 11ヶ月間 =550ポイント
新規入会キャンペーンポイント 550ポイント x 0.5倍 =275ポイント(総通常月獲得ポイント x 0.5)
スペシャルボーナス 300ポイント
初年度合計獲得ポイント 1,275ポイント

月々5万円ライフカードを利用すると、初年度年間の総獲得ポイントは1,275ポイントになります。ライフカードは1,000ポイントで5,000円分の各種金券と交換できるので、1,275ポイントに換算すると6,375円になります。年間の利用額は60万円なので、ポイント還元率は1.06%になります!

年会費永年無料で還元率1.06%なら魅力的なクレジットカードといえるのではないでしょうか?

AOYAMAギフトカードと交換する場合は600ポイントで6,000円分のギフトカードと交換できるので、1,275ポイントに換算すると12,750円相当。ポイント還元率は2.12%になります!洋服の青山を利用する方には非常に高還元率のクレジットカードといえるでしょう。

翌年度以降はどうなるのでしょうか?
翌年度には新規入会キャンペーンポイントはなくなります。そのかわり、スペシャルステージのボーナスポイントが加算されます。新規入会キャンペーンポイントもスペシャルステージもボーナス加算率は1.5倍なので、翌年度以降の総獲得ポイントも初年度獲得総ポイントと同量です。

5万円/月利用時 翌年度以降獲得ポイント
誕生月ポイント (通常獲得ポイント50ポイント) x 3倍 =150ポイント
通常月ポイント 50ポイント x 11ヶ月間 =550ポイント
スペシャルステージ 550ポイント x 0.5倍 =275ポイント(総通常月獲得ポイント x 0.5)
スペシャルボーナス 300ポイント
初年度合計獲得ポイント 1,275ポイント(6,375円相当)

翌年度以降の総獲得ポイントは1,275ポイントで、商品券還元で換算すると6,375円相当、ポイント還元率は1.06%です。

年間利用額100万円以上の方が対象のロイヤルステージになれば還元率はどうなるのでしょうか?
ロイヤルステージを達成する月10万円の利用(年間利用額120万円)でシミュレーションしてみます。

10万円/月利用時 初年度獲得ポイント
誕生月ポイント (通常獲得ポイント100ポイント) x 3倍 =300ポイント
通常月ポイント 100ポイント x 11ヶ月間 =1,100ポイント
新規入会キャンペーンポイント 1,100ポイント x 0.5倍 =550ポイント(総通常月獲得ポイント x 0.5)
スペシャルボーナス 300ポイント
初年度合計獲得ポイント 2,250ポイント(11,250円相当)

月々10万円ライフカードを利用すると、初年度年間の総獲得ポイントは2,250ポイントになります。

2,250ポイントは11,250円相当です。年間利用額は120万円なので、ポイント還元率は0.94%になります!スペシャルボーナスが貰えるのが50万円達成の一度きりなので、初年度に関しては利用額が多いほど還元率は下がってしまいます・・・

翌年度以降はどうなるのでしょうか?
翌年度には新規入会キャンペーンポインがなくなるかわりに、ロイヤルステージのボーナスポイントが加算されます。ロイヤルステージのボーナス加算率は1.8倍です。

10万円/月利用時 翌年度以降獲得ポイント
誕生月ポイント (通常獲得ポイント100ポイント) x 3倍 =300ポイント
通常月ポイント 100ポイント x 11ヶ月間 =1,100ポイント
スペシャルステージ 1,100ポイント x 0.8倍 =880ポイント(総通常月獲得ポイント x 0.8)
スペシャルボーナス 300ポイント
初年度合計獲得ポイント 2,580ポイント(12,900円相当)

翌年度以降の総獲得ポイントは2,580ポイントで、商品券還元で換算すると12,900円相当、ポイント還元率は1.08%です(AOYAMAギフトカードと交換する場合は2.16%)。

年間利用額200万円以上の方が対象のプレミアムステージになれば還元率はさらに跳ね上がります。プレミアムステージを達成する月17万円の利用(年間利用額204万円)でシミュレーションしてみます。

17万円/月利用時 初年度獲得ポイント
誕生月ポイント (通常獲得ポイント170ポイント) x 3倍 =510ポイント
通常月ポイント 170ポイント x 11ヶ月間 =1,870ポイント
新規入会キャンペーンポイント 1,870ポイント x 0.5倍 =935ポイント(総通常月獲得ポイント x 0.5)
スペシャルボーナス 300ポイント
初年度合計獲得ポイント 3,615ポイント(18,075円相当)

月々17万円ライフカードを利用すると、初年度の総年間獲得ポイントは3,615ポイントになります。3,615ポイントは18,075円相当です。年間の利用額は204万円なので、ポイント還元率は0.89%になります!

翌年度以降はプレミアムステージのボーナスポイントが加算され、還元率が跳ね上がります。 前年度と同様の月間利用額(17万円)としてシミュレーションしてみます。

17万円/月利用時 翌年度以降獲得ポイント
誕生月ポイント (通常獲得ポイント170ポイント) x 3倍 =510ポイント
通常月ポイント 170ポイント x 11ヶ月間 =1,870ポイント
プレムアムステージ 1,870ポイント x 1倍 =1,870ポイント(総通常月獲得ポイント x 1)
スペシャルボーナス 300ポイント
初年度合計獲得ポイント 4,550ポイント(22,750円相当)

翌年度以降の総獲得ポイントは4,550ポイントになります。商品券還元で換算すると、22,750円相当となりポイント還元率は1.12%もの高還元率となります(AOYAMAギフトカードと交換する場合は2.23%)。

年間利用額が50万円未満の方にとってはスペシャルボーナスもステージボーナスも貰えないのでメインカードとしての魅力はありませんが、年間50万円以上利用する方には旧プログラムより魅力は乏しくなったとはいえ、メインカードとしておすすめできるクレジットカードです!『洋服の青山』をよく利用する方には基本還元率が倍になるので非常におすすめです!!

ライフカードの誕生月ボーナス

ライフカードの最大の魅力は誕生月ボーナスにあります。
新ポイントプログラムでも誕生月ボーナスは健在です。誕生月には通常月の3倍のポイントが付与されるのです!!この誕生月ボーナスを上手に利用すれば、爆発的にポイントを貯めることができます。

まず、大きな買い物は誕生月にしましょう。誕生月だけに限れば、他のボーナスポイントを全く考慮しなくても、ポイント還元率は1.5%になります(AOYAMAギフトカードと交換する場合は3%)。

誕生月に誕生日記念ってことで家族で海外旅行にでかけたり、大型の家電製品なんかを買ったりして25万円利用したとすれば、それだけで3,750円もの還元になるのです!

誕生月ボーナスは、ステージにかかわらず一律3倍のポイント付与です。
ノンステージ会員もスペシャルステージ会員(通常月は基本ポイントの1.5倍付与)もロイヤルステージ会員(通常月は基本ポイントの1.8倍付与)もプレミアムステージ会員(通常月は基本ポイントの2倍付与)も一律でポイント3倍です!誕生月の利用にはスペシャルステージボーナスは付与されません(新規入会キャンペーンポイントも付与されません)。

ライフカードに誕生月ボーナスがある限り、誕生月利用を中心としたサブカードとしての要件は完璧に満たしています。まさしく、 誕生月だけのためにも持っていなければ損する!クレジットカードなのです。

ただし、5年間で最低でも600ポイント貯めないとVプリカと交換することができません(楽天スーパーポイントやdポイント等、ポイント移行なら300ポイントから交換可能です)。5年間で600ポイントは年間で120ポイント貯めるだけです。誕生月に40,000円ほど利用するだけでも120ポイント貯まるのでハードルは決して高くはありません。

ポイントの有効期限

ライフカードのもう一つの特徴はポイントの有効期限が最大5年間と長いことです!

入会月の翌月から1年間がプログラム期間ですが、1年目終了時に獲得したポイントは自動的に翌年度プログラムに自動繰り越しされます。
さらに翌年からは、繰り越し手続きが必要になりますが、最大3年間繰り越しできるので、ポイントの最大有効期間は5年間と超ロングランになります。

これだけの期間があれば、ポイントを確実に景品と交換できるので、クレジットカードをあまり利用しない方やサブカードとしても非常におすすめできます!

ライフカードでは300ポイントで1,500円分の楽天スーパーポイントやdポイント、au WALLETポイント、ベルメゾン・ポイントと交換できるので(Gポイントは交換比率が悪く1,200ポイントとの交換)、年間60,000円の利用(誕生月なら年間20,000円)の利用で到達します。これならポイントを無駄にしてしまうこともないでしょう!

ライフカードのマイレージ移行プログラム

ライフカードのポイントはANAマイレージクラブに移行することができます。参加登録費、移行手数料は無料で300ポイントから移行可能です。気になる移行レートは1ポイント=2.5マイル(300ポイント=750マイル)です。
※旧プログラムでは1ポイント=3マイルだったので、こちらも改悪ですね・・・

1ポイント=2.5マイルの移行レートは、参加登録費・移行手数料無料のマイレージ移行プログラムの中では標準的で、決して高移行レートではありません。
ライフカードだけでANAマイレージを貯めようとするのは避けた方が無難です!?

しかし、ライフカードには誕生月ポイント3倍という武器があります!もちろん、誕生月に獲得したボーナスポイントもANAマイレージ口座に移行できます。ポイント3倍なので1,000円=3ポイント=7.5マイル(100円利用当たり0.75マイル)の付与率です。

誕生月だけに限るなら『あり』といえる移行レートではないでしょうか?
旧プログラムは誕生月ポイント5倍で1ポイント3マイル(1,000円=5ポイント=15マイル)の移行レートだったので『大あり』でしたが!?

学生専用ライフカードの魅力

誕生月ボーナスを中心としたポイントプログラムが魅力のライフカードですが、学生専用カードにはさらに魅力的なサービスが追加されています。学生さんは、なんでこんなに優遇されているの?って不満を言いたくなるくらいのサービス充実度です。

まず、学生専用ライフカードにはゴールドカードクラスと言えるほどの海外旅行保険が付帯しています(在学期間中のみ)。これは、年会費永年無料のライフカードには付帯していないサービスで学生さんだけの特権です。

また、携帯電話の利用料金を学生専用ライフカード決済にすれば、毎月10人に1人の高確率で 500円分のAmazonギフト券がもらえるのです(要サービスエントリー)!!

さらに、これが最大のおすすめ理由ですが、海外旅行での利用総額の5%をキャッシュバックしてくれるのです!これは、かなり太っ腹なサービスです!卒業旅行や留学を控えている学生さんには特におすすめのサービスです。
注意LIFE-Web Deskから旅行前に事前申請が必要になります。決して忘れないでくださいね。また、キャッシュバック上限は年間50,000円(年間100万円利用相当)です。

ポイントプラグラムは通常のライフカードと全く同一のプログラムです。在学中の年会費は無料で、卒業後は年会費永年無料のライフカードへ更新されます。

ライフカードのまとめ

ライフカードのボーナスプログラムは健在!誕生月利用はもちろん、通常月の利用でも高還元率のクレジットカードです。特に年間50万円以上利用する方でAOYAMAギフトカードとの交換OKの方にはメインカードとして非常におすすめです。

また、ポイント有効期限が長く、誕生月3倍ボーナスがあるので、クレジットカードのライトユーザーの方やサブカードとしてもおすすめできます。

一方でETC利用や電子マネーチャージではポイントが全く付与されないので他のクレジットカードを利用した方がいいでしょう。

  • ライフカードの券面
  • ライフカードの詳細を見る
  • ライフカードの公式サイトへ

ライフカード

年会費 永年無料
家族カード年会費 永年無料
ETCカード年会費 永年無料
国際ブランド VISA MasterCard JCB
ポイント付与 1,000円毎に1.0ポイント
ポイント有効期限 最長5年
ポイント還元率 0.5%+α

誕生月:1.5%

海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
ネットセーフティ
空港ラウンジ
ページのトップへ戻る