クレジットカードでマイルを貯める

マイレージカード比較に役立つ情報が満載!

航空会社のマイレージプログラムを分析し、マイルを貯めやすいクレジットカード(マイレージカード)を厳選!徹底比較しています。

マイレージカード徹底比較

クレジットカードの利用でマイルを貯め特典航空券と交換するのは、ポイント還元率から考えても非常にお得な還元方法です。

航空会社のマイレージプログラムとクレジットカードのポイントプログラムを分析し、マイルを貯めやすいクレジットカード(マイレージカード)を厳選!徹底比較しています。

当サイトでは「ANA(全日空)」「JAL(日本航空)」「デルタ航空」「ユナイテッド航空」のマイルを貯めることを推奨しています。特にANAとJALのマイレージプログラムについては、詳細に解説しています!

マイレージカードでは、入会や利用、搭乗でボーナスマイルが貰えるキャンペーンを頻繁に開催しています。>キャンペーンを上手に活用すれば、爆発的にマイルを貯めることが可能です!あなたにとって、ベストなマイレージカードを積極活用してタダで旅行に出かけちゃいましょう。

キャンペーンをチェック

一押し!マイレージカード

ANA VISA Suicaカードの券面

マイ・ペイすリボ登録すれば金利・手数料が発生しない場合でも年会費が最安の750円(税別)に!!

Suica一体型ANAカード。

JAL 普通カード(JAL アメリカン・エキスプレス・カード)の券面

普通カードでありながら、充実の付帯保険&国内28空港の空港ラウンジ(同行者1名まで無料)付帯でおすすめ度NO.1。

付帯サービス充実!

MileagePlusセゾンカードの券面

ANAと同じスターアライアンス所属のユナイテッド航空のマイルが貯まるクレジットカード。

100円=1.5マイル換算は最強レベルのマイル付与率。

マイルがどんどん貯まるクレジットカード

ライフカードの券面

年会費永年無料で破壊力抜群のボーナスプログラムが魅力!

誕生月はポイント5倍!誕生月なら100円利用毎に1.5マイル以上とANAカード以上の付与率です。

Extreme Card (エクストリームカード)の券面

ソラチカカードとの組み合わせでANAマイルが100円=1.35マイルの付与率に。

ANAマイルを貯める隠れた最強カード!

 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

SAISON MILE CLUBのショッピングマイルプランへの登録でJALカード以上のマイル付与率(100円=1.125マイル)。

付帯サービスも充実!

マイレージプログラムとは?

海外では『Frequent Flyer Programs(FFP)』と呼ばれている航空会社による顧客へのポイントプログラムのことで、日本国内では『マイレージプログラム』とか『マイレージサービス』と呼ばれています。

航空機への搭乗距離に応じてポイント(単位はマイル)が貰え、貯まったポイント(マイル)数によって特典航空券や座席のアップグレード特典、各種景品と交換することができます。
航空会社共通のポイントプログラムではなく、それぞれの航空会社が独自のマイレージプログラムを提供しています。マイレージプログラムへの参加は基本的に入会金・年会費無料なので、航空機に乗るなら参加しないと損ですよ!?

搭乗距離を計測するマイルは、陸上マイル(1マイル=約1,609メートル)ではなく、海里(1マイル=1,852メートル)により計算されます。例えば、東京-ホノルル間の搭乗であれば片道3,831マイル/往復7,662マイルが、東京-パリ間の搭乗なら片道6,194マイル/往復12,388マイルが貯まります(基本区間の100%積算率航空券の場合)。
※距離の単位:マイル(mile)/マイルで測る走行距離:マイレージ(mileage)

主な航空会社のマイレージプログラム

  • 日系の航空会社
    • 全日空(ANA)→『ANAマイレージクラブ(AMC)
    • 日本航空(JAL)→『JALマイレージバンク(JMB)
    • スターフライヤー航空→『STAR LINK MEMBERS
    • ソラシド エア(旧スカイネットアジア航空)→『ソラシドスマイルクラブ
    • AIR DO→『DOマイル
  • 北米系航空会社
    • ユナイテッド航空→『マイレージプラス
    • デルタ航空→『スカイマイル
    • アメリカン航空→『AAdvantage
    • エア・カナダ→『アエロプラン
  • ヨーロッパ系航空会社
    • エールフランス/KLMオランダ航空→『フライング・ブルー
    • ルフトハンザ航空→『Miles & More
    • ブリティッシュ・エアウェイズ→『エグゼクティブ・クラブ
    • アリタリア‐イタリア航空→『ミッレミリア
  • アジア系航空会社
    • シンガポール航空→『クリスフライヤー
    • タイ国際航空→『ロイヤルオーキッドプラス
    • キャセイパシフィック航空→『ザ・マルコポーロクラブ
    • 大韓航空→『スカイパス
    • アシアナ航空→『アシアナクラブ
    • チャイナエアライン→『ダイナスティ・フライヤー・プログラム
    • 中国国際航空→『フェニックスマイル
    • マレーシア航空→『エンリッチ
    • ガルーダ・インドネシア航空→『ガルーダマイルズ
  • オセアニア・中東系航空会社
    • カンタス航空→『フリークエントフライヤー
    • ニュージーランド航空→『エアポインツ
    • エミレーツ航空→『エミレーツ・スカイワーズ

各航空会社がそれぞれのマイレージプログラムを提供していますが、日本在住なら特別な理由がない限り、『ANA』『JAL』『ユナイテッド航空』『デルタ航空』のマイルを貯めることを強くおすすめします!理由は、最強のマイレージプログラムは?で解説しています。

マイレージカードとは?

マイレージプログラムのカード型会員証が『マイレージカード』です。
マイレージカードには、会員証そのものでクレジットカード機能が付帯しないカードとマイレージ会員証にクレジットカード機能が一体化したカードがあります。当サイトでは便宜上、『航空会社がクレジットカード会社と提携し、発行するクレジットカード一体型のマイレージ会員証をマイレージカードとしています』。

マイレージカード会員になれば、カードに一体化したクレジットカードを利用することでもマイルが貯まります。
ってことは、実際に飛行機に搭乗しなくてもマイルを貯めることができるのです。航空機に搭乗することなくクレジットカードの利用だけでマイルを貯め、特典航空券と交換し旅する人を『陸マイラー(おかマイラー)』なんて呼んだりします。

サル(管理人)は仕事の経費を全てマイレージカード(クレジットカード一体型)で支払っているので、マイルがめちゃくちゃ貯まります!
ここ数年は航空券を購入したことはなく、ビジネスでもプライベートでも特典航空券だけで旅しています。なので、陸マイラーの代表選手と言えるでしょう(笑)。
サルのファーストクラス(JALスイート)搭乗記

マイレージカード(クレジットカード機能付き)の魅力は大きく2つ!

先ず、入会キャンペーンや継続キャンペーンがめちゃくちゃ気前良いです!
マイレージカードへの入会で大量のボーナスマイルが貯まり、場合によっては入会ボーナスだけで特典航空券を獲得できたりするくらいなんです。これは魅力でしょ?

もう一点がポイント還元率の高さ!
1マイルの価値を何円とするかでポイント還元率は変わってきますが、当サイトでは1マイルの価値を2円としています(理由は『1マイル=2円の根拠』で解説しています)。標準的なマイレージカードのマイル付与率は100円=1マイル(2円相当)なので、この場合のポイント還元率は2%です!一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%ほどです。それと比べていかがですか?高還元率でしょ?

ANAカードとJALカード

ANA(全日空)のマイレージプログラム名称は『ANAマイレージクラブ(AMC)』でそのカード型会員証が『ANAマイレージクラブカード(AMCカード)』、JAL(日本航空)のマイレージプログラム名称が『JALマイレージバンク(JMB)』でそのカード型会員証が『JALマイレージバンクカード(JMBカード)』です。

AMCカードやJMBカードにクレジットカード機能を付け、そのクレジットカードを利用することによりマイルが貯まるカードが『ANAカード』と『JALカード』です。

日本全国の国内路線をカバーし、日本発着の海外路線が多いANAとJALは、日本在住である限り搭乗機会が多く、最もマイルが貯まりやすく、かつ利用もしやすい航空会社です。
当サイトではANAカードとJALカードについては特に詳細に解説しています!

ANAカード詳細解説ページ:

JALカード詳細解説ページ:

デルタ航空スカイマイルカードとユナイテッド航空マイレージプラスカード

デルタ航空のマイレージプログラム『スカイマイル』とユナイテッド航空のマイレージプログラム『マイレージプラス』も北米の航空会社でありながら、日本在住でもマイルを貯めやすいプログラムです。

日本発着の北米路線/アジア路線が多いのに加え、マイレージカードの利用によって貰えるマイルの付与率が高いのが特徴です。また、入会キャンペーンが太っ腹!マイルの有効期限が無期限(マイレージプラスは実質無期限)!特典航空券の譲渡制限がない!特典航空券での燃油サーチャージが原則必要ない!等、ANAやJALのマイレージプログラムにはない特徴を備えているのも魅力です!!

スカイマイルでは『ニッポン500マイル・キャンペーン』なんて、デルタ航空に何のメリットがあるのかわからないキャンペーンも開催しているので、マイレージ会員にならないと損ですよ。マイルの有効期限もありませんし!?
※ANA/JAL/スカイマイル等の日本国内線搭乗で1搭乗500マイルが貰えます(要申請)。
※2016年3月31日までの期間限定ですが、今までは期限が来るとず~っと期限延長されています。

『スカイマイルカード』詳細解説ページ:デルタ航空のマイルを貯める

『マイレージプラスカード』詳細解説ページ:ユナイテッド航空のマイルを貯める

マイレージ移行プログラム

マイレージカード以外にも、クレジットカードの利用で貯めたポイントを提携する航空会社のマイルと交換する『マイレージ移行プログラム』があります。

ただし、航空会社と共同発行するマイレージカードと比べて、ほとんどのマイレージ移行プログラムはマイルとの交換レートがよくないです・・・

あくまで概算ですが、
ANAカード/JALカード:100円利用当たり0.5マイル~1.1マイル程度
スカイマイルカード/マイレージプラスカード:100円利用当たり1マイル~1.5マイル程度
マイレージ移行プログラム::100円利用当たり0.15マイル~0.5マイル程度
って感じでしょうか?

でも探してみるとあるんですよ~。マイレージカードと同等、それ以上にマイル交換レートのいい移行プログラムが!
下記ページをご参考に。

ANAマイレージクラブへの移行プログラム:マイレージ移行プログラム徹底比較 ANA編

JALマイレージバンクへの移行プログラム:マイレージ移行プログラム徹底比較 JAL編

ページのトップへ戻る