クレジットカードでマイルを貯める

マイレージカード比較に役立つ情報が満載!

航空会社のマイレージプログラムを分析し、マイルを貯めやすいクレジットカード(マイレージカード)を厳選!

ANAカード徹底比較(VISA/Master/Suica編)

三井住友カード発行のANAカード

三井住友カードが発行するANAカードはマイペイす・リボ登録の裏技を駆使すれば、他のANAカードよりも高付与レートでANAマイルを貯めることができるクレジットカードです。

国際ブランドには汎用性の高い『VISA』『MasterCard』から選べます。

ANA VISAカード/マスターカードは、フライトでのボーナスマイルや、入会&毎年継続時ボーナス、急な出張にもすぐ対応できるANAカード会員専用運賃「ビジネスきっぷ」、ANAのチケットレスサービス「SKiP」など、お得で便利なANAカードのサービスと三井住友カードの多彩なサービスが一体になったクレジットカードです。

世界中で使えるVISA/MasterCardブランドの汎用性に加え、「カードご利用代金WEB明細書サービス」ならびに「マイ・ペイすリボ」への登録で、年会費が割引になるのが魅力です。

「マイ・ペイすリボ」は上手に活用すれば、リボ払い手数料をほとんど支払うことなく、基本ポイント(1,0000円=10マイル相当)とは別途に、1,000円=1Pのボーナスポイント(3マイルに移行可能)をゲットすることができます。つまり、ショッピングマイル換算率「1,000円=合計13マイル」(<10マイルコース>登録の場合)獲得することができます。

ANAカードを語る上で、マイ・ペイすリボが利用できる三井住友カード発行のANA VISA/Masterカードは最もマイルを貯め易いクレジットカードと言っても過言ではありませんでした。

なにしろ、マイ・ペイすリボ登録すれば、ポイントが2倍になり、年会費も割引になったのです!しかも2倍になったポイントはマイルへの通常移行が可能でした!1,000円のカード利用で「ワールドプレゼント」のポイントが2ポイント貰え(通常は1ポイント)、マイルに移行すれば20マイル(通常は10マイル)にもなったのです!

しかも、リボ払い特典としてのポイント2倍なのに、支払額を第1回目の支払日までに全額を支払えば(WEBで簡単に手続きできました)、金利・手数料は一切かからないのです。それでいて、ポイント2倍はそのままでした!

ところが、規約変更によりマイペイす・リボ登録しても金利・手数料の発生しない場合は通常のポイント分(100円で1マイル)しか貰えなくなってしまいました。金利・手数料が発生する場合はポイントを2倍付与してくれますが、このボーナスポイントは1ポイント3マイル換算の移行レートです。

以前と比べると、魅力は下がってしまいましたが(伝説となっているほど以前が凄すぎたのです)、マイ・ペイすリボ登録で年会費が安くなるメリットは継続するし、1円以上のリボ払い手数料を支払う月に利用した金額に対してポイントが2倍になるので、裏技を駆使すればマイルを貯めやすいクレジットカードであることに間違いはありません。
裏技等、詳しくはマイ・ペイすリボについてをご覧ください。

三井住友カードでは、マイ・ペイすリボ以外にも前年の利用実績次第でV1ステージ(前年度利用実績50万円~100万円)やV2ステージ(前年度利用実績100万円~300万円)、V3ステージ(前年度利用実績300万円以上)になるボーナスプログラムやネットショッピングでポイントが2~20倍になる『ポイントUPモール』、プレミアムポイント加盟店でのカード利用ならポイントが数倍になるプログラムがありますが、これらのボーナスポイント/プレミアムポイントも1ポイント3マイル換算の移行レートでマイル移行できます。

年間利用額100万円なら翌年度はV2ステージになります。プレミアムポイントもマイル移行するなら、一般・ワイドカードで100円毎に1.045マイル、ゴールドカードで1.09マイル、プレミアムで1.59マイルが貯まることになります。

ANA JCBカード『スターメンバーズ』 のボーナス加算率が改悪されたので、2011年度プログラム以降は利用金額に対するマイル付与率は大差なしです(僅かに三井住友が有利かな!?裏技も駆使すれば、かなり有利です)・・・

デメリットは、一般カード/ワイドカードの場合、「10マイルコース」移行手数料が6,000円(税別)と高いことです(JCB ANAは5,000円/税別、アメックスは同額の6,000円/税別)。「5マイルコース」は共に無料ですが、年間20万円以上ANAカードを利用するなら10マイルコースに参加したほうがお得になるので、ほとんどの方は10マイルコースを選択すると思います。そうなると、やはりデメリットといえますね・・・
しかも、学生専用カードからも移行手数料6,000円(税別)を徴収するありさまです!?う~ん、、学生の方はJCBを選ぶべきでしょう。

ちなみに、ゴールドカードの場合は「10マイルコース」に自動参加(無料)なので、デメリットにはなりません。

メリットとしては、マイペイす・リボ登録、カードご利用代金WEB明細書サービスの利用で年会費が割引になります(家族カードの年会費も割引なります)。ゴールドカードなら、最大年会費割引が4,500円(年会費9,500円+消費税)で、10マイルコースも自動参加(移行手数料無料)なので、非常におすすめのANAゴールドカードです!!
※ANA VISAプラチナ プレミアムカードはマイペイす・リボ登録・WEB明細書サービスによる年会費割引はありません。

年会費は税別表示です
- 学生 一般/家族 Suica ワイド/家族 ゴールド/家族
通常年会費 無料 2,000円/1,000円 2,000円 7,250円/1,500円 14,000円/4,000円
カードご利用代金WEB明細書サービス利用 無料 1,500円/1,000円 1,500円 6,750円/1,500円 13,000円/4,000円
マイペイす・リボ登録(年1回以上利用) 無料 1,025円/475円 750円 6,275円/975円 10,500円/2,500円
WEB明細書サービス+マイペイす・リボ登録 無料 1,025円/475円 750円 6,275円/975円 9,500円/2,500円

一般カードでは、Viewカードと共に提携発行しているANA VISA Suicaカードがおすすめ!

基本的な年会費やマイル付与プログラム、付帯サービスは、ANA VISA/Master一般カードと同一ですが、ANA VISA Suicaカードならではの特徴やお得な特典があります。カードご利用代金WEB明細書サービス利用やマイペイす・リボ登録で年会費も750円(税別)と格安になります!

オートチャージ対応のSuica一体型のクレジットカードで、Suicaチャージ時(モバイルSuica、オートチャージも含む)にポイント(マイル)が付与されます。また、モバイルSuicaの年会費1,030円(税込)が無料になります!

このメリットは大きい!
モバイルSuicaのチャージ用クレジットカードにViewカード系以外のクレジットカードを登録すると年会費1,030円(税込)が必要になります。また、Suicaチャージ時もポイントを付与してくれるクレジットカードと、してくれないクレジットカードがあるのですが、ANAカードを発行する三井住友カードやJCBカード、ダイナースは付与してくれないのです(アメリカン・エキスプレス・カードは付与してくれます)・・・
詳しくは、ANAカードと電子マネーで解説しています。

また、貯まったマイルを10,000マイル→10,000円分の移行レートでSuicaに移行可能です。マイルの利用用途が広がるのもメリットですね!

ポイントのマイレージ移行
ANAカードの種類

学生カード

一般カード

Suicaカード

TOP&ClibQ PASMO

ワイドカード

ワイドゴールドカード プレミアムカード
移行手数料

「5マイルコース」無料

「10マイルコース」6,000円+税

無料 無料
基本ポイント付与 1,000円毎に1ポイント 1,000円毎に1ポイント 1,000円毎に1ポイント
基本ポイント
移行レート

5マイルコース
1ポイント=5マイル

10マイルコース
1ポイント=10マイル

1ポイント=10マイル 1ポイント=15マイル
マイレージ還元率

5マイルコース 1%

10マイルコース 2%

2% 3%
ボーナスポイント

□V1ステージ
50万円の利用で50ポイントボーナス
以降10万円毎に10ポイント

□V2ステージ
50万円の利用で75ポイントボーナス
以降10万円毎に15ポイント

□V3ステージ
50万円の利用で150ポイントボーナス
以降10万円毎に30ポイント

□V1ステージ
50万円の利用で100ポイントボーナス
以降10万円毎に20ポイント

□V2ステージ
50万円の利用で150ポイントボーナス
以降10万円毎に30ポイント

□V3ステージ
50万円の利用で300ポイントボーナス
以降10万円毎に60ポイント

ボーナスポイント分
還元率

□V1ステージ
0~0.05%

□V2ステージ
0~0.075%

□V3ステージ
0~0.15%

□V1ステージ
0~0.1%

□V2ステージ
0~0.15%

□V3ステージ
0~0.3%

トータル還元率 1%~2.15% 2%~2.3% 3%~3.3%

三井住友側のANAカードキャンペーン

リボ払いご利用キャンペーン実施中!~2018年4月30日
ANAカードでマイ・ペイすリボに登録し、入会後3ヵ月以内にリボ払いで10万円以上利用すると500ポイント(5,000マイル相当)が、50万円以上利用すると1,000ポイント(10,000マイル相当)が、100万円以上利用すると1,500ポイント(15,000マイル相当)貰えます。このキャンペーンポイントを獲得するにはリボ払い手数料を支払わなくてはなりません。
リボ払い手数料を支払ってもお得っていえるくらいのキャンペーンですが、リボ払い手数料はできるだけ支払いたくないですよね!?リボ払い手数料が1円に近づくように前払い返済しちゃいましょう。やり方は、『マイ・ペイすリボについて』で解説しています。
※プレミアムカードでは500ポイントは7,500マイル相当に、1,000ポイントは15,000マイル相当に、1,500ポイントは22,500マイル相当になります。

家族カードご入会&ご利用キャンペーン実施中!~2018年4月30日
家族カードに入会し、キャンペーン利用期間中に家族カードを3万円以上利用すると400ポイント(4,000マイル相当)が貰えます。
※プレミアムカードでは400ポイントは6,000マイル相当になります。

ANA銀聯カードご利用キャンペーン実施中!~2018年4月30日
ANA銀聯カードに入会し、キャンペーン利用期間中にANA銀聯カードを5万円以上利用すると600ポイント(6,000マイル相当)が貰えます。
※プレミアムカードでは600ポイントは9,000マイル相当になります。

ANA側ボーナスマイルと三井住友側の3つのキャンペーンを合わせると、プレミアムカードで合計最大47,500マイル相当、ワイドカード/ワイドゴールドカードで合計最大27,000マイルマイル相当、、一般カード/TOP&ClibQ PASMOで合計最大26,000マイル相当、Suicaカードで合計最大22,000マイル相当が貰えます。マイルを一気に貯めれる、非常に魅力的なキャンペーンです。今が入会の大チャンスです!!

ANA側のキャンペーンについては、ANAカードの入会キャンペーン情報をご覧ください。

申込み・詳細(公式サイト)→ANA VISA/マスター/Suica/TOP&ClibQ PASMOカード

さらに詳細を見る→ANA VISA/Master一般カード
さらに詳細を見る→ANA VISA/Masterワイドカード
さらに詳細を見る→ANA VISA/Masterワイドゴールドカード
さらに詳細を見る→ANA VISAプラチナ プレミアムカード
さらに詳細を見る→ANA VISA/Masterカード<学生用>
さらに詳細を見る→ANA VISA Suicaカード
さらに詳細を見る→ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

ページのトップへ戻る