クレジットカードでマイルを貯める

マイレージカード比較に役立つ情報が満載!

航空会社のマイレージプログラムを分析し、マイルを貯めやすいクレジットカード(マイレージカード)を厳選!

クレジットカード別マイレージ移行徹底比較ANA編

クレジットカードを利用してANAマイルを貯めよう!

全日本空輸(ANA)のマイルを貯めている方、これから貯めようと考えている方におすすめのクレジットカードを紹介しています。

2007年度以降、ANAマイルをクレジットカードで貯めている方にとっては衝撃の期間となっています・・・
燃料費高騰、貸金業法改正の影響からか、各社が大幅に規約変更を実施しています。
多くのクレジットカード会社がEdyチャージによるポイント付与を廃止、さらにはマイレージ移行レートの改悪、ボーナス加算レートの改悪、三井住友カード他VJAグループのマイペイす・リボ登録で金利・手数料未発生時のポイント2倍付与の中止、さらにはビットワレットによるコンビニEdy払いの中止と立て続けです!?

コンビニEdy払いが出来なくなったので、現在はマイルやポイントの二重取りはできません。
以前は裏技的手法でマイルをドッサリ貯めることができたのですが、これからは、マイル還元率の高いクレジットカードを利用して正攻法的にマイルを貯めていくべきでしょう!

全日空(ANA)はクレジットカード各社と提携し、ANAカードを発行しています。入会ボーナス、毎年継続ボーナス、フライト加算ボーナスがあるので、メインカードの第一候補はANAカードになると思います。それ以外にも各クレジットカード会社がそのポイントプログラムの中で、貯めたポイントをANAマイルと交換できる移行プログラムを提供しています。

クレジットカード会社のマイレージ移行プログラムには、参加登録費や移行手数料が無料のプログラムと有料のプログラムがあります。当たり前の話ですが、無料のプログラムはマイルへの移行レートが低く、有料のプログラムは移行レートが高くなっています。

残念ながらANA系の移行プログラムでは、ダイナースアメックスを除く全てのクレジットカード会社で参加登録費、移行手数料無料のプログラムに変更されてしまいました・・・

無料移行のプラグラムに関しては、それだけでANAマイルを貯めようとは考えない方がいいと思います。効率が悪いし(1,000円利用で3マイルのプログラムなら15,000マイル貯めるのに500万円分のクレジットカード利用が必要)、マイルにも有効期限があるので、特典航空券に交換する前に期限切れになってしまう可能性大です。

しかし、他にマイルを貯めるための手段(フライトやメインカード)があり、そのサブとしてなら最強の威力を発揮するクレジットカードなら存在します。

このページでは、ANAのマイルを貯めるのにピッタリなクレジットカードを厳選して紹介しています!!

ANAカードでANAマイルを貯める

ANAマイルを貯めるなら、メインカードはANAカードにするべきでしょう。
マイルの付与レートは10マイルコースであれば大差なしです!サル的には、付帯サービス充実のアメリカン・エキスプレス・カードが発行するANAカードがおすすめかな!?

ANAカード全般についての詳細は、
ANAカードを斬る
ANAカードと電子マネー
ANAカード徹底比較(アメリカン・エキスプレス編)
ANAカード徹底比較(JCB編)
ANAカード徹底比較(VISA/Master/Suica編)
ANAカード徹底比較(ダイナースクラブ編)
で徹底的に解説しています。ぜひ、ご覧ください!!

ライフカードでANAマイルを貯める

ライフカードのANAマイレージ移行プログラムは参加登録費・移行手数料が無料の移行プログラムです。従って、移行レートはANAカードと比較すると、よくないです。ライフカードだけでANAマイレージを貯めようとするのは避けた方が無難でしょう・・・

しかし、ライフカードには誕生月ポイント5倍という武器があります!もちろん、誕生月に獲得したボーナスポイントもANAマイレージ口座に移行できます。それでいて、クレジットカード年会費も移行プログラム参加登録費も永年無料なのです。しかも、300ポイント(誕生月での利用なら6万円の利用で貯まるポイント)から移行できます。

誕生月だけに限るなら、ANAマイル還元率は他のどのクレジットカードより優れている(100円=1.5マイル相当以上)ので、ANAマイルを貯めている方はサブカードとして絶対に持っておきたいクレジットカードです!!

ライフカードについての詳細は、ライフカードはやっぱりお得!で解説しています。

まさしく、ANAマイルを貯める最強のサブカードではないでしょうか?

  • ライフカードの券面
  • ライフカードの詳細を見る
  • ライフカードの公式サイトへ

ライフカード

ポイントプログラム名称 LIFEサンクスプレゼント
基本ポイント付与 1,000円毎に1.0ポイント
誕生月ボーナスポイント ポイント5倍(1,000円毎に5ポイント)
スペシャルボーナス 50万円の利用到達で+300ポイント
プレミアムステージ 年間利用金額150万円以上で翌年度の基本ポイント2倍
マイレージ移行航空会社 ANA
マイレージ移行レート 1,000円=1ポイント=3マイル(100円=0.3マイル換算)

 

誕生月マイレージ移行レート 1,000円=5ポイント=15マイル(100円=1.5マイル換算)
移行プログラム参加登録費 無料
マイル移行上限 上限なし

Extreme Card (エクストリームカード)でANAマイルを貯める

ジャックスが発行する高還元率クレジットカードですが、このカードだけでANAマイルを貯めようとしても、たいして貯まりません!?

Extreme Card (エクストリームカード)を利用して貯まるExtreme Cardポイントは2,000ポイント(20万円利用相当)で3,000Gポイントと交換できますが、3,000Gポイントを直接ANAマイルと交換しても1,000マイルとしか交換できません。200円=1マイル換算の付与レートです・・・

ところが、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)と組み合わせると、一気に高ANAマイル付与率のクレジットカードに変貌します!

Gポイントの交換先にはメトロポイントがあります。メトロポイントとGポイントは等倍の交換レートなので、3,000Gポイントは3,000メトロポイントと交換できます。

そして、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の所有者は100メトロポイント=90マイルの交換レートでANAマイルに移行することが可能なんです!
2,000Extreme Cardポイント=3,000Gポイント=3,000メトロポイント=2,700ANAマイルになるわけです。100円=1.35マイル換算の付与レートです!!!

Extreme Cardの年会費は3,000円(税別)ですが、初年度年会費が無料、年間30万円以上の利用で翌年度年会費も無料です。
また、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の年会費は2,000円です。この裏技では、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を利用する必要はないので、10マイルコース(年会費5,000円+税)に参加する必要もありません。

すなわち、ランニングコストたった2,000円(税別)で100円=1.35マイルの付与率が実現するのです。これは最強クラスです。

Extreme Card (エクストリームカード)についての詳細は、『究極という名のExtreme Card(エクストリームカード)』で解説しています。

  • Extreme Card (エクストリームカード)の券面
  • Extreme Card (エクストリームカード)の詳細を見る
  • Extreme Card (エクストリームカード)の公式サイトへ

Extreme Card (エクストリームカード)

初年度年会費 無料
年会費 3,000円+消費税(年間30万円以上の利用で翌年度年会費無料)
ポイントプログラム名称 Extreme Cardポイント
基本ポイント付与 1,000円毎に10ポイント
ポイント還元率 1.5%(Gポイント交換時)
Gポイントとの交換レート 2,000ポイント=3,000Gポイント
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の券面
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の詳細を見る
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の公式サイトへ

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

初年度年会費 無料
年会費 2,000円+消費税
移行手数料(5マイルコース:1,000円=5マイル) 無料
移行手数料(5マイルコース:1,000円=10マイル) 5,000円+消費税
ポイント還元率 1.5%(Gポイント交換時)
Gポイントとメトロポイントの交換レート 100Gポイント=100メトロポイント
メトロポイントとANAマイルの交換レート 100メトロポイント=90ANAマイル

楽天カードでANAマイルを貯める

楽天市場で買い物したり、楽天カードの利用で貰える、楽天スーパーポイントをANAマイレージに移行することができます。移行レートは楽天スーパーポイント 2ポイント→ANA 1マイルです。

楽天スーパーポイントは楽天カードの利用100円毎に1ポイント、楽天市場での利用なら100円毎に2ポイントが貰えるので、1,000円の利用なら10ポイント(楽天市場での利用なら20ポイント)です。
マイル換算すると5マイル(楽天市場での利用なら10マイル)になります。

1,000円のカード利用で5マイルなら、移行手数料無料プログラムでは間違いなくトップの移行レートです!なにしろ、ANAカードの『5マイルコース』と同率の移行レートです!

とはいっても、楽天市場で利用しても100円で1マイル換算だとしたらANAカードを利用したほうがマイル貯まりやすいじゃん!?って思われるかもしれません。確かにその通りです。

じゃ~、なぜ楽天カードをANAマイルを貯めるおススメのサブカードとして紹介しているかというと、楽天市場では無料で楽天スーパーポイントが貰えたり、楽天カード会員限定で通常の何倍もの楽天スーパーポイントが貰えるキャンペーンが豊富にあるのです! ほんと、しょっちゅうあります!!

年会費は永年無料だし、移行手数料も無料。さらには入会するだけで楽天スーパーポイントが2,000ポイント(1,000マイル相当)が貰えます。タダで1,000マイルが貰えるのです!

移行も、たった2ポイント(1マイル相当)からANAマイルへの移行が可能だし、ポイントは楽天市場内で1ポイント1円として利用することも可能なので、キャンペーン等で獲得したポイントが無駄になることもありません。
サブカードとしての機能は完璧に満たしているクレジットカードなのです!

海外によく行く方には、年会費10,000円(税別)で年会費$399のプライオリティ・パス(プレステージ会員)が付帯している楽天プレミアムカードもおススメです! なんと世界600ヶ所以上の海外空港ラウンジが一切無料で利用できます。

楽天カードについての詳細は、楽天ポイントを極める(楽天 カード徹底活用)で解説しています。

期間限定入会キャンペーンを実施中!~3月31日まで
楽天カードでは、通常新規入会ボーナス(2,000ポイント)に加え、4月30日までに1回以上利用するだけで、さらに3,000ポイント。合計5,000ポイントが貰えます。
楽天プレミアムカードなら、通常新規入会ボーナス(2,000ポイント)に加え、キャンペーン期間中の申込みで、もれなく5,000ポイント。4月30日までに1回以上利用するだけで、シルバー/レギュラー会員は3,000ポイント、ゴールド会員は6,000ポイント、プラチナ会員なら8,000ポイント追加!合計最大15,000ポイントが貰えます。

しかも、家族カードの入会キャンペーンも同時開催中。同時入会で1,000ポイント追加 (楽天プレミアムカードなら2,000ポイント追加)!さらには、家族カード会員にも200ポイントが貰えます。さらに今なら、500円分のEdy(家族カードにも150円分のEdy)がもれなく貰えます。

合計最大で6,850円相当のポイント+Edy(楽天プレミアムカードなら最大17,850円相当)が貰える大チャンス!!年会費永年無料なのに、この太っ腹ぶり!今が入会の大チャンスです!!

ただし、通常新規入会ボーナス(2,000ポイント)以外のボーナスポイントはマイレージ移行ができません。楽天市場内での利用になります。

ページのトップへ戻る