クレジットカードでマイルを貯める

マイレージカード比較に役立つ情報が満載!

航空会社のマイレージプログラムを分析し、マイルを貯めやすいクレジットカード(マイレージカード)を厳選!

ソラチカルートって何?

メトロポイントについて

ソラチカルートを説明するには、その中継点となるポイントプログラム『メトロポイント』について解説しなければなりません。

メトロポイントとは東京メトロがTo Me CARD会員向けに提供するポイントプログラムで、メトロポイントPlusに登録したPASMO(To Me CARDに紐付けされたPASMOしか登録できません)で東京メトロに乗車すると1乗車につき既定のメトロポイントが貰えます。
※To Me CARDとは東京メトロが提携発行するクレジットカード

また、メトロポイントPlus加盟店で登録したPASMOをショッピング利用した場合も200円毎に1メトロポイント(ゴールド会員:200円=2メトロポイント)が貰えます。

To Me CARDの種類 平日乗車 土休日乗車 PASMO利用
To Me CARD ゴールド 20メトロポイント/1乗車 40ポイント/1乗車 200円=2ポイント
To Me CARD Prime 10メトロポイント/1乗車 20ポイント/1乗車 200円=1ポイント
ANA To Me CARD(ソラチカカード) 5ポイント/1乗車 15ポイント/1乗車 200円=1ポイント
To Me CARD 一般 2ポイント/1乗車 6ポイント/1乗車 200円=1ポイント

To Me CARDをクレジット利用した場合は、提携するクレジットカード会社のポイントが貯まり、そのポイントをメトロポイントに移行することができます。

貯まったメトロポイントは、10ポイント=10円分としてPASMOにチャージできる他、楽天スーパーポイント(等倍での移行)やnanacoポイント(等倍での移行)、ANAマイルに移行することが可能です。

基本的には1メトロポイントの価値は1円ってことですね!注目はANAマイルへの移行です。

ANAマイルへの移行レートはTo Me CARD会員が1,000メトロポイント=600ANAマイルなのに対し、ANA To Me CARD(ソラチカカード)会員だけは100メトロポイント=90ANAマイルの高レートで移行することができるのです。

このソラチカカード会員だけに許された、『高交換レートでANAマイルに移行するルート』がソラチカルートです。

ソラチカルートの破壊力

1ポイント=1円の価値があるポイントをマイルに移行する場合、通常は等倍より大きく目減りします。
例えば、楽天カードやTポイント、nanacoポイントは1ポイント=1円価値のポイントですが、ANAマイルへの移行レートは1ポイント=0.5マイル換算での移行レートです。

2円で1マイルを買っている計算ですかね!?
当サイトでも1マイルの価値は2円と想定していますし、これはこれで決して悪いレートではありません。2円で買えるなら安いくらいです。

そして、メトロポイントも1ポイント=1円価値のポイントですが、ソラチカカード会員に限り1ポイント=0.9マイル換算でANAマイルに移行レートできるのです。1.1円少々でマイルを買っている計算です。これは破格の厚遇レートと言えます。

また、メトロポイントが閉鎖的なプログラムで上記の乗車ポイント等を高レートでANAマイルに移行できるだけだったら、ソラチカカードがここまで陸マイラーご用達のクレジットカードにはならなかったでしょう。

メトロポイントは『ネットマイル』『PeX』『Gポイント』『.money』といった有名どころのポイント交換サイトと提携しているのです。ポイント交換サイトを経由すれば、ポイントサイトでコツコツ貯めたポイントや他のクレジットカードで貯めたポイントもメトロポイントに移行できます。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)会員なら、これらポイント交換サイトを経由して貯めたメトロポイントも、ごそっと1ポイント=0.9マイルの交換レートでANAマイルに移行できるのです。

これがソラチカカードが陸マイラーご用達のクレジットカードといわれる所以です。

例えば、、陸マイラーに人気のポイントサイト『ハピタス』。
ハピタスポイントも1ポイント=1円の価値です。10,000ポイントをソラチカルートで移行すると『ハピタス(10,000ポイント)』→『.money(10,000マネー)』→『メトロポイント(10,000ポイント)』→『ANAマイル(9,000マイル)』のルートで移行できます。

また、ANA JCBカードやANA VISA/マスターカードで10マイルコースに加入している場合、通常ポイントは1,000円=1ポイント=10マイルの交換レートでマイルに移行できます。でも、ボーナスポイントは移行レートが異なり1,000円=1ポイント=3マイル(100円=0.3マイル換算)の移行レートになってしまいます・・・

例えば、1,000ボーナスポイントを直接ANAマイルに移行すると3,000マイルです。
ところがソラチカルートを活用し移行すると、1,000ボーナスポイント=4,500マイルとなり、直接ANAマイルに移行するより高レートで移行できるのです。すごくないですか?

ソラチカカードの場合:『JCB(1,000ボーナスポイント)』→『メトロポイント(5,000ポイント)』→『ANAマイル(4,500マイル)』
ANA VISA/マスターカードの場合:『三井住友(1,000ボーナスポイント)』→『PeX(50,000PeXポイント)』→『メトロポイント(5,000ポイント)』→『ANAマイル(4,500マイル)』
ってな具合です。

ソラチカルートのおかげでANA VISA Suicaカードの最大付与レートは『100円=1.585マイル』になるし、ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードにいたっては、驚異の『100円=1.72マイル』にもなるのです。

注意点としては、ソラチカルートでのANAマイル移行には上限があります。1回につき最大20,000ポイント(18,000マイル相当)まで、毎月1回のみの移行です。すなわち、ソラチカルートでのANAマイルへの移行上限は年間『240,000ポイント(216,000マイル相当)』ということになります。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)保有のすすめ

ANAマイルを貯めている方は、このソラチカルートを確保するためにもANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は絶対に所有しておきたいところです。

年会費は2,000円(税別)かかりますが、入会時/継続時に1,000マイルが貰えます。クレジット利用しなかったとしても損することはありません。

また、クレジットカード利用時のマイル付与率に関しては極めて普通のANAカードです。メインカードにせずソラチカルート確保のための所有なら10マイルコースに加入する必要もありません。ランニングコストも安上がりです!?

  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の券面
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の詳細を見る
  • ANA ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の公式サイトへ

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

年会費 2,000円+消費税
家族カード年会費 1,000円+消費税
マイル移行手数料(5マイルコース) 無料
基本ポイント(5マイルコース) 1,000円=1ポイント=5マイル換算
マイル移行手数料(10マイルコース) 5,000円+消費税
基本ポイント(10マイルコース) 1,000円=1ポイント=10マイル換算
ボーナスポイントの移行(直接移行) 1,000円=1ポイント=3マイル換算
ボーナスポイントの移行(ソラチカルート) 1,000円=1ポイント=4.5マイル換算
ANA側入会・継続特典 1,000マイル
ANA側フライトボーナス 10%
海外旅行保険 最高1000万円
国内航空保険 最高1000万円
ショッピング保険 最高100万円/90日間(海外での利用が対象)
ページのトップへ戻る