クレジットカードでマイルを貯める

マイレージカード比較に役立つ情報が満載!

航空会社のマイレージプログラムを分析し、マイルを貯めやすいクレジットカード(マイレージカード)を厳選!

必要マイル数(特典チャート)徹底比較 国内線編

主な日本国内線往復特典航空券と交換するのに必要なマイル数です。国際線は『必要マイル数(特典チャート)徹底比較 国際線編』をご参考に。

ANA/JAL/ユナイテッド航空/デルタ航空の国内線特典チャート

ANAとJALは時期(シーズン)によって必要マイル数が異なります。それぞれの必要マイル数を記載しています。
ANAのシーズン分類
(L):ローシーズン(閑散期)/(R):レギュラーシーズン(通常期)/(H):ハイシーズン(繁忙期)
JALのシーズン分類
(J):JALカード割引(ディスカウントマイルより500マイル割引適用)/(D):ディスカウントマイル適用期/(R):通常期

ANAとJALの区間のグループ分けや時期(シーズン)分類については、『最新年度マイレージプログラム JAL vs ANA』で解説しています。JALカード割引は2015年度プログラムから通常期から1,000マイル割引からディスカウントマイルから500マイル割引(国内線の場合)に変更されました。

ユナイテッド航空マイレージプラスでは同じスターアライアンス所属の全日空(ANA)の国内線特典航空券と、デルタ航空スカイマイルでは提携航空会社であるスカイマークエアラインの特典航空券と交換できます(スカイマイル提携クレジットカード所有者のみ交換可能)。

航空会社 ANA JAL ユナイテッド航空 デルタ航空
東京-大阪/神戸 10,000マイル(L)
12,000マイル(R)
15,000マイル(H)
9,500マイル(J)
10,000マイル(D)
12,000マイル(R)
10,000マイル(Sa) 15,000マイル
東京-札幌 12,000マイル(L)
15,000マイル(R)
18,000マイル(H)
11,500マイル(J)
12,000マイル(D)
15,000マイル(R)
10,000マイル(Sa) 20,000マイル
東京-那覇 14,000マイル(L)
18,000マイル(R)
21,000マイル(H)
11,500マイル(J)
12,000マイル(D)
15,000マイル(R)
16,000マイル(Sa) 20,000マイル
東京-福岡 12,000マイル(L)
15,000マイル(R)
18,000マイル(H)
11,500マイル(J)
12,000マイル(D)
15,000マイル(R)
10,000マイル(Sa) 20,000マイル
東京-石垣 17,000マイル(L)
20,000マイル(R)
23,000マイル(H)
20,000マイル(R) 16,000マイル(Sa)
名古屋-札幌 12,000マイル(L)
15,000マイル(R)
18,000マイル(H)
11,500マイル(J)
12,000マイル(D)
15,000マイル(R)
10,000マイル(Sa) 20,000マイル
名古屋-那覇 14,000マイル(L)
18,000マイル(R)
21,000マイル(H)
11,500マイル(J)
12,000マイル(D)
15,000マイル(R)
16,000マイル(Sa) 20,000マイル
大阪/神戸-札幌 12,000マイル(L)
15,000マイル(R)
18,000マイル(H)
11,500マイル(J)
12,000マイル(D)
15,000マイル(R)
10,000マイル(Sa) 20,000マイル
大阪/神戸-那覇 12,000マイル(L)
15,000マイル(R)
18,000マイル(H)
11,500マイル(J)
12,000マイル(D)
15,000マイル(R)
10,000マイル(Sa) 15,000マイル
大阪/神戸-石垣 17,000マイル(L)
20,000マイル(R)
23,000マイル(H)
20,000マイル(R) 16,000マイル(Sa)
札幌-福岡 14,000マイル(L)
18,000マイル(R)
21,000マイル(H)
11,500マイル(J)
12,000マイル(D)
15,000マイル(R)
16,000マイル(Sa)
札幌-那覇 17,000マイル(L)
20,000マイル(R)
23,000マイル(H)/td>
16,000マイル(Sa)
札幌-石垣 16,000マイル(Sa)
那覇-稚内 16,000マイル(Sa)

国内線特典航空券への必要マイル数の面では、ANAとJALが有利です。国内航空会社の面目躍如って感じでしょうか!?特に遠距離路線のグループ分けの面と閑散期にJALカード割引が適用できるのでJALが最も有利かな!?
※ユナイテッド航空も有利ですが、出発から20日以内の特典航空券の予約には$75の手数料が必要になります。

ただ、交換必要マイル数の少なさだけで、一概に有利不利は決められません・・・

フライト(搭乗)だけでマイルを貯めるなら、特典航空券との交換に必要なマイル数が少なければ少ないほどゴール(特典航空券GET)が近いといえます。

ただ、クレジットカード利用でマイルを貯める陸マイラーにとっては、交換必要マイル数と共にクレジットカードの利用によるマイル付与率も非常に重要です。

例えば特典航空券との交換に必要なマイル数が15,000マイルだった場合、100円利用当たり1マイル付与(マイル付与率1%)のクレジットカードを利用する場合、150万円の利用で到達します。100円当たり1.5マイル付与(マイル付与率1.5%)のクレジットカードなら100万円の利用で到達するのです。1.5倍のスピードで特典航空券に必要なマイル数に到達できるのです。

特典航空券獲得のためのクレジットカード利用額チャート

ANAカード/JALカードのマイルの付与率は1%(100円=1マイル)、ユナイテッド航空/デルタ航空のマイルの付与率は1.5%(100円=1.5マイル)と設定した場合の特典航空券を獲得するために必要なクレジットカードの利用額です。

マイル付与率は概算です。上記付与率設定のクレジットカードが多いですが、クレジットカードの種類によってマイル付与率は異なります。詳細は各クレジットカードの詳細解説ページをご覧ください。

航空会社 ANA JAL ユナイテッド航空 デルタ航空
東京-大阪/神戸 100万円(L)
120万円(R)
150万円(H)
95万円(J)
100万円(D)
120万円(R)
約67万円(Sa) 100万円
東京-札幌 120万円(L)
150万円(R)
180万円(H)
115万円(J)
120万円(D)
150万円(R)
約67万円(Sa) 約134万円
東京-那覇 140万円(L)
180万円(R)
210万円(H)
115万円(J)
120万円(D)
150万円(R)
約107万円(Sa) 約134万円
東京-福岡 120万円(L)
150万円(R)
180万円(H)
115万円(J)
120万円(D)
150万円(R)
約67万円(Sa) 約134万円
東京-石垣 170万円(L)
200万円(R)
230万円(H)
200万円(R) 約107万円(Sa)
名古屋-札幌 120万円(L)
150万円(R)
180万円(H)
115万円(J)
120万円(D)
150万円(R)
約67万円(Sa) 約134万円
名古屋-那覇 140万円(L)
180万円(R)
210万円(H)
115万円(J)
120万円(D)
50万円(R)
約107万円(Sa) 約134万円
大阪/神戸-札幌 120万円(L)
150万円(R)
180万円(H)
115万円(J)
120万円(D)
150万円(R)
約67万円(Sa) 約134万円
大阪/神戸-那覇 120万円(L)
150万円(R)
180万円(H)
115万円(J)
120万円(D)
150万円(R)
約67万円(Sa) 約134万円
大阪/神戸-石垣 170万円(L)
200万円(R)
230万円(H)
200万円(R) 約107万円(Sa)
札幌-福岡 140万円(L)
180万円(R)
210万円(H)
115万円(J)
120万円(D)
150万円(R)
約107万円(Sa)
札幌-那覇 170万円(L)
200万円(R)
230万円(H)
約107万円(Sa)
札幌-石垣 約107万円(Sa)
那覇-稚内 約107万円(Sa)

あれれ??
必要マイル数でみると、特典航空券と交換するのに、より多くのマイルが必要で不利だったユナイテッド航空/デルタ航空ですが、必用なマイルを獲得するためのクレジットカード利用額でみると、ほとんど遜色なしです!マイル付与率1.5%(100円=1.5マイル)のパワー炸裂です。

ハイシーズンや遠距離路線ではむしろ有利です。

しかも、ユナイテッド航空のANA特典航空券との交換では、たとえ乗継が発生しても目的地との往復に必要なマイル数が20,000マイルなんです!こんなんユナイテッド航空だけですよ。

『札幌⇔石垣路線』『那覇⇔稚内路線』を区間例示したのはこのためです。
ユナイテッド航空なら、例えば、『往路:札幌⇒羽田⇒石垣 復路:石垣⇒名古屋⇒札幌』や『往路:那覇⇒羽田⇒札幌⇒稚内 復路:稚内⇒羽田⇒那覇』のANA特典航空券と交換しても20,000マイルです。

クレジットカード利用だけで国内線特典航空券と交換するなら、ユナイテッド航空マイレージプラスが最も利便性が高くお得とサルは考えますがいかがですか!?

ただ、国内線特典航空券と交換する場合は、ユナイテッド航空に限らずどのマイレージプログラムでも還元率は高いです。

ページのトップへ戻る