クレジットカードでマイルを貯める

マイレージカード比較に役立つ情報が満載!

航空会社のマイレージプログラムを分析し、マイルを貯めやすいクレジットカード(マイレージカード)を厳選!

マイル還元はお得です!

結論から先に言います!
ポイント還元率で考えるなら、クレジットカードのポイントを航空会社のマイルに移行し、特典航空券と交換するのは非常にお得な還元方法です。

しかしながら、航空会社のマイレージプログラムを取り巻く環境は大きく変わってきています。

クレジットカードのポイントをマイルと交換しよう!

クレジットカードの利用で航空会社のマイルを貯めるには、全日空(ANA)や日本航空(JAL)がクレジットカード会社と提携して発行する『ANAカード』や『JALカード』の他に、クレジットカード会社がそのポイントプログラムの中で、貯めたポイントを航空会社のマイルと交換するマイレージ移行プログラムがあります。

このマイレージ移行プログラムでクレジットカード各社が移行レートの変更を続々と発表しました。
移行手数料を無料にするかわりに移行レートを1,000円利用で10マイル(標準的なプログラムで)から3マイル程度に変更するってやつです・・・

2008年度ポイントプログラム以降、ANA系ではダイナースクラブアメリカン・エキスプレスを除く全ての移行プログラムで1,000円利用当たりで2~5マイル程度の移行レートになってしまいました・・・

JAL系でもほとんどのポイントプログラムで変更になりましたが、セゾンカードが唯一有料移行のプログラムを継続しています(ゴールドカード系の一部カードのみ継続ですが・・・)。

サル(管理人)の予想では、原油高による燃料費高騰に伴い1マイルの卸単価を引き上げざるをえなかった航空会社側の事情と、貸金業法改正による業績悪化に伴いポイント還元の見直しをせざるをえないクレジットカード会社側の事情が同時に押し寄せたのが原因ではないか?って考えてます。

また、2008年度以降、ANAもJALもマイレージプログラム自体を大幅に変更してきてます。我々ユーザーはプログラム内容を熟知し、上手にクレジットカードを選択し、効率よくマイルを貯める必要があります!

JAL、ANAの最新年度マイレージプログラムの詳細は→最新年度マイレージプログラム JAL vs ANA

マイルと交換するのがお得な理由

なぜマイルと交換するのがお得な還元方法なのでしょうか?
5社の航空会社のマイルと交換でき、移行レートの変更もしていないダイナースクラブを例として説明します。

ダイナースのポイントプログラム「ダイナースクラブ リワードプログラム」では100円で1ポイントが付与されます。そして、5,000ポイント貯めると2,000円分のAmazonギフト券と交換できます。50万円の利用で2,000円の還元なので、この場合のポイント還元率は0.4%です。0.4%ではポイント還元率が高いクレジットカードとは言えません。

しかし、ダイナースクラブにはダイナースグローバルマイレージというプログラムがあり、これに参加すると1,000ポイント(利用額10万円相当)あたりで1,000マイルと交換できるのです。1マイル=2円の価値があると考えると、そのポイント還元率は2%になり、ナント通常ポイントコースの5倍近くのポイント還元率になります。

ダイナースグローバルマイレージに参加するには、年間参加料として別途6,000円(税別)が必要になりますが、例えば年間のクレジットカード利用額を120万円として計算すると、通常のポイントプログラムであれば、獲得ポイントは12,000ポイントとなり、その還元は4,800円です。

しかし、ダイナースグローバルマイレージに参加すれば、12,000マイルになりますので、1マイルの価値を2円とすると、24,000円の還元ということになり、参加費の6,000円を差し引いても通常ポイントコースより13,200円(24,000円-4,800円-6,000円)もお得ということになります。

しかも、ダイナースグローバルマイレージなら参加料は実際にマイルと交換する年度だけ支払えばいい上に、5社の航空会社のマイルに自由に振り分けることも可能なプログラムです。

すなわち、ポイント有効期限が無期限のクラブポイントでポイントを貯めておいて、マイルに移行する時だけダイナースグローバルマイレージに参加し5航空会社のマイルと交換、その後またダイナースグローバルマイレージは退会し(当然、参加費6,000円は必要ありません)、ポイントを貯めることに専念、、なんてことも可能なんです!
詳細は、ダイナースクラブ 至福のステータスをあなたにで解説しています。

いかがですか?ポイント還元率で考えるならマイルで貯めることがいかにお得かわかってもらえましたか?

マイレージ移行プログラムに参加する時の注意

クレジットカード会社のマイレージ移行プログラムの中には、無料でマイルに移行できるプログラムがあります。2008年度以降、ほとんどのクレジットカード会社のポイントプログラムが、このタイプの移行プログラムに変更しました。

参加登録費や移行手数料が無料なので、一見、お得なプログラムに感じるかもしれませんが、ポイントとマイルの交換レートが良くないのです・・・

クレジットカード会社によっても異なりますが、参加登録費無料で移行できるプログラムは、1,000円=2~3マイル程度の移行レートがほとんどです・・・

この交換レートでは1マイルの価値をよっぽど高く評価する方は別として、ギフトカード等と還元した方がお得度が高いケースが多くなります。
なにしろ国内特典航空券と交換するのに必要な15,000マイル貯めるのに、500万円もクレジットカードを利用しなければなりません(1,000円=3マイルの移行レートの場合)・・・

今後は移行レートが高く、これからも移行レート変更の可能性が少ないであろう、JALカードやANAカードをメインカードに添えて、マイルを貯めるのが王道になっていくと思います!

また、いくらポイント還元率が高くなるとはいっても、JALカード、ANAカードも含め高レートでのマイレージ移行プログラムの場合は、参加登録費や移行手数料が必要になってくるので注意が必要です。

本来であれば、クレジットカードのポイントというのは、無料で還元されるべきものです。それが、高還元に目が眩み、お金を支払ってまでマイレージプログラムに移行したのに、航空券と交換する前にマイルの有効期限が切れてしまった!?では本末転倒です。
飛行機で旅行に行きたいわけでもないのに、有料移行プログラムに参加するのも同様です。

しかも、参加登録費や移行手数料は決して安い金額ではありません。参加登録費・移行手数料を支払っても、年間利用額から考えて、しっかりモトが取れるということをシミュレートして、有料のマイレージ移行プログラムに参加するようにしましょう!

ページのトップへ戻る