1番得するクレジットカード徹底比較

クレジットカード比較に役立つ情報が満載!

使えば使うほど得するクレジットカードを厳選し、ポイント(マイレージ)プログラムや付帯サービスを分析し徹底比較!

マイ・ペイすリボについて(三井住友カード)

三井住友VISAカード三井住友トラスト・カード等のVISAジャパングループの支払い方法であるマイ・ペイすリボは原則リボ払いですが最低支払い金額以上であれば「一部でも全額でも」すきなだけ支払うことが可能です。しかも1回目の支払日までに全額を支払えば、金利・手数料は一切かかりません。

さらにマイ・ペイすリボを利用すると下記のような利用特典があります。

マイ・ペイすリボの利用特典

  1. 年会費が無料になります(ゴールドカード、プライムゴールドカード、ヤングゴールドカード等は半額)
  2. ショッピング保険が付帯されます
  3. ワールドプレゼントポイントが2倍になります(1円以上の金利・手数料が発生する利用時のみ)

マイ・ペイすリボは年会費が無料になったり、ショッピング保険が付帯されたり等、お得な支払い方法ですが、リボ払い(毎月の支払額を一定額で支払う方法)です。 通常リボ払いで支払う時には金利・手数料が発生します。サル(管理人)は金利・手数料を払ってまでクレジットカードで支払う必要はないと考えているので、通常リボ払いはお勧めしていません。

しかし、このページではおすすめしています!
何故なら、マイ・ペイすリボでは初回引落日までの期間は金利が発生しないからです。すなわち、第1回目の支払日までに全額を支払えば、金利・手数料は一切かかりません!すなわち、1回払いの利用方法と全く同じと考えることができます。それでも、マイ・ペイすリボの「年会費無料(割引)」「ショッピング保険付帯」という利用特典は反映されるのです。

これは利用しない手はありません!!

実は、マイ・ペイすリボには登録さえすれば、金利・手数料が発生しなくてもポイント2倍付与という大きな特典があったのですが、これは一度廃止されました・・・

一旦、廃止されたマイ・ペイすリボでのポイント2倍付与ですが、2008年8月26日支払分よりポイント2倍付与は復活しました。ただし、ポイントが2倍付与されるのは実際にリボ払い手数料が発生した場合だけです。
これじゃ~、あまり意味がない・・・

じゃ~、マイ・ペイすリボの利用価値がないかというと、決してそんなことはありません。
金利・手数料が発生しない場合のポイント2倍付与は廃止になりましたが、そのかわり毎月の支払額をカード自体の限度額までの間で自由に設定できるようになりました(最高99万円まで)。

例えば、カードの限度額が50万円であればマイ・ペイすリボの月々の支払い額を50万円に設定することが可能になったわけです。

この場合、50万円の利用額までは何の手続きも必要なく、全て一括で口座から引き落とされます。金利・手数料は発生せず、実質的に1回払いの支払い方法と同じなのに、マイ・ペイすリボの年会費無料(もしくは半額)、ショッピング保険付帯というメリットだけを享受できるのです。

手間がかかってもいいから、もっとポイントが欲しい!って方には、さらなる裏技があります。
ちょっと面倒ではありますが・・・

マイ・ペイすリボでは、1円以上のリボ払い手数料を支払う月に利用した金額に対してポイントが2倍になります。1円以上というのがミソなので、翌月に発生するリボ払い手数料ができるだけ少額になるように(1円が理想です)、繰り上げ増額返済してしまえばいいのです。そうすれば、支払う金利手数料は最小限、加えて貰えるポイントは2倍になります。
※WEB上(Vpass)からなら1,000円単位で、ローソンのロッピーや三井住友銀行の窓口のあるATM等からなら1円単位で、繰り上げ増額返済が可能です。

例えば、マイ・ペイすリボの月々の支払額を10,000円に設定してあり、19,390円の買い物をしたとします。

通常であれば、1回目の支払い日には10,000円が決済され、翌月以降に繰り越された残りの9,390円分に対しリボ払い手数料が発生します。その金利・手数料は、9,390円×年利15%÷365日×借入期間30日≒116円です。リボ手数料として翌月に116円が請求されるので、翌月の利用分に対してはポイントが2倍付与されます。

これでは、ポイント2倍といっても金利のほうが高くなってしまうリスクが高いです(翌月の利用額によっては得するケースもありますが)・・・

ここで、裏技です!
WEBから9,000円分の臨時増額返済の手続きを期日までにすれば、1回目の支払い日に19,000円が決済され、翌月以降に繰り越される金額は390円になります。リボ払い手数料は390円×年利15%÷365日×借入期間30日≒5円です。なんと、支払う金利手数料は5円ですよ!
また、ロッピーや三井住友のATMで9,300円を繰上返済すれば、金利手数料は、たったの1円(90円×年利15%÷365日×借入期間30日≒1円)になるのです!!

上記のような例でも1円以上のリボ払い手数料は発生しているので、手数料を支払った月の買い物にはポイントが2倍が付与されるのです!これなら、リボ払い手数料よりもポイント2倍の方が確実に価値は高いですよね!ちょっと面倒ではありますが、節約派の方なら、やる価値は十分です!!

マイペイす・リボ特典の享受

三井住友VISAカードでは、パルテノン神殿をカードフェイスに添え、ステータス溢れる『三井住友VISAゴールドカード(本来の年会費10,000円+消費税)』が「カードご利用代金WEB明細書サービス(年会費1,000円割引)」と併用すれば年会費たった4,000円(10,000円÷2-1,000円)+消費税で所有できます。

付帯サービス、ポイント優遇はゴールドカードと同等である20代専用のゴールドカード『三井住友VISAプライムゴールドカード(本来の年会費5,000円+消費税)』では、「カードご利用代金WEB明細書サービス(年会費1,000円割引)」と併用すれば年会費たった1,500円(5,000円÷2-1,000円)+消費税になります。

ゴールドカードと一般カードの中間に位置するグレードの三井住友VISAエグゼクティブカード(本来の年会費3,000円+消費税)』なら、「カードご利用代金WEB明細書サービス(年会費500円割引)」と併用すれば、なんと年会費1,000円(3,000円÷2-500円)+消費税です!

クラシックカードクラシックカードAアミティエカードなら年会費は無料になる上に、ショッピング保険まで付帯してきます。
どのみち年会費が無料になるなら、クラシックカードよりも、より付帯サービスが充実したクラシックカードAを選んだ方がお得ですよ!

支払い方法をマイ・ペイすリボにする方法

  1. 三井住友VISAカードのホームページからインターネットネットサービスである、Vpassに登録する。
  2. Vpassにログインし、「お支払いについて」→「マイ・ペイすリボへの切替え申込み受付」から申し込むことができます。支払い方法はインターネットからいつでも変更することが可能です。
  3. その際に元金定額コースにチェックを入れ、毎月の支払額を利用限度額に設定しておきます。

手続きは以上です。たったこれだけの手続きで、金利・手数料無料で年会費割引等のメリットだけを享受できます。

ページのトップへ戻る