1番得するクレジットカード徹底比較

クレジットカード比較に役立つ情報が満載!

使えば使うほど得するクレジットカードを厳選し、ポイント(マイレージ)プログラムや付帯サービスを分析し徹底比較!

いつでも1%割引のP-oneカード

ポケットカードが自信を持って送り出すP-oneカード!
その1番の特徴が、クレジットカード利用分の請求時に1%割引した金額での請求になることでしょう!!請求金額の多い少ないは関係ありませんし、何の手続きも必要ありません!公共料金や携帯電話の利用料も含めて一部を除きほぼ全ての請求に対し1%割引での請求になるのです。

いくらポイント還元率の高いクレジットカードを利用していても、ポイントの有効期限内に景品と交換するのを忘れてしまったら何の意味もありません・・・

でもP-oneカードなら、自動割引なのでそんな心配も無用です。
しかも、割引額は高還元率の目安となる1%。還元率が1%あればメインカードとしての実力も十分です!

注意点としては、ETCカード利用分は1%割引になりません。何故なんだろ??
他にも税金や電子マネーチャージ、国民年金、金券類等、一部1%割引対象外商品があります。
P-oneカードをメインカードに添えるなら、ETC専用として、別クレジットカードのETCカードをサブカードとして所有するべきでしょう(参照:ETCカード徹底比較)。

さらに、P-one WizとP-oneカード<G>、P-oneカード<Premium Gold>では請求時1%割引になるのに加え、カード利用でポイントも貰えるのです!!

P-oneカードのキャッシュバックプログラムとポイントプログラム

P-oneカードには『キャッシュバックプログラム』と『ポイントプログラム』があります。

キャッシュバックプログラムは説明の必要もありませんよね!?
P-oneカードを利用すれば、請求時に自動的に1%割引で請求されるプログラムです(税金やETC利用分等、一部1%割引の対象外商品あり)。

ポイントプログラムは請求時割引(キャッシュバック)とは別にクレジットカード利用分に応じてポイントが付与されるプログラムです。
基本付与ポイントは1,000円毎に1ポイントです。
貯まったポイントは景品やギフトカード等の金券と交換できますが、交換必要ポイントは金券の金額や種類によって変動します。従って、ポイント還元率も交換する金券によって変動します。

P-oneカードにはお得なプログラムがダブルであるってことなんです!!
※P-oneカード<Standard>はクレジットカード利用分のポイント加算は対象外です。ただし、キャンペーンやP-oneモールでショッピング利用した時に貰えるボーナスポイントは加算対象となります。

P-oneカードのポイント還元率
交換する金券の種類 交換必要ポイント ポイント還元率
Tポイント500ポイント(P-one Wiz会員限定) 100ポイント 0.5%
ファミリーマートお買い物券300円相当 150ポイント 0.2%
ファミリーマートお買い物券1,000円相当 250ポイント 0.4%
Tポイント他、各種ポイント900ポイント 300ポイント 0.3%
キャッシュバック900円相当 300ポイント 0.3%
ベルメゾンお買い物券1,000円相当 300ポイント 0.33%
Amazonギフト券1,000円相当 330ポイント 0.3%
ジェフグルメカード3,000円相当 980ポイント 0.31%
図書カード/QUOカード/ギフトカード3,000円相当 1,000ポイント 0.3%
Amazonギフト券5,000円相当 1,650ポイント 0.3%

ポイントプログラムの還元率は、交換する金券の種類によって0.2%~0.5%、これに請求時1%割引が加わるので総還元率は1.2%~1.5%ということになります。

特筆すべきはP-one Wiz会員限定のTポイントとの交換です。
交換レートが100ポイント=500Tポイント(500円相当)なのでポイントプログラムでの還元率が0.5%、請求時1%割引を加えると総ポイント還元率は1.5%になります!

請求時に自動的に1%割引になるだけでもすごいのに、さらにはポイントまで貰えるP-oneカード!!メインカードとしての実力は十分なクレジットカードです!

P-oneカードのポイントプログラム
カードの種類 <Standard> Wiz <G> <Premium Gold>
年会費 永年無料 永年無料 3,000円+消費税 10,000円+消費税
キャッシュバック 請求時1%割引
基本ポイント ×
(ボーナスポイントのみ)
1,000円毎に1ポイント
ポイントバックボーナス × 1,000ポイント
(年間50万円以上の利用)
ポイント有効期限 最長2年間
金券交換必要ポイント 150ポイント~ 100ポイント~ 150ポイント~
基本ポイント還元率 0% 最大0.5% 最大0.4% 最大0.4%
基本トータル還元率 1% 最大1.5% 最大1.4% 最大1.4%+α

P-oneカード<Standard>とP-one Wiz

同じ年会費永年無料のクレジットカードなのに、P-oneカード<Standard>とP-one Wizでは、ずいぶんサービスに差があると思いませんか?

P-one Wizでは請求時1%割引に加えポイントも貯まります。さらには、ショッピング保険まで付帯しています!
しかも、ポイントプログラムでもTポイントとの交換レートはゴールドグレードであるP-oneカード<G>やP-oneカード<Premium Gold>よりも優遇されています。

実は、P-one Wizがリボ払いカードなのでサービス面で優遇されているのです。

な~んだ・・・ってガッカリしないでください!?
P-one Wizはリボ払いカードなんですが、『ずっと全額コース』を選択すれば締日までの利用分が全額決済され金利・手数料は必要ありません。1回払いの支払い方法と全く同じです。

なのに、ポイント還元率は1%(P-oneカード<Standard>)→1.5%(P-one Wiz)と1.5倍になるのです。
正直、P-oneカード<Standard>を選択する理由がありません!? P-oneカード<Standard>も決して悪いクレジットカードではないのですが・・・

  • P-one Wizの券面
  • P-one Wizの詳細を見る
  • P-one Wizの公式サイトへ

P-one Wiz

請求時に全ての利用額が1%割引に!なんの手続も必要ありません。さらにはポイントも同時に貯まり還元率は最高1.5%!非常に魅力的なクレジットカードでメインカードにおすすめです。

年会費 永年無料
家族カード年会費 永年無料
ETCカード年会費 発行手数料:1,000円/年会費:無料
国際ブランド VISA Master JCB
ポイント付与 1,000円毎に1ポイント
ポイント有効期限 最長2年
ポイント還元率 最高1.5%
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険 50万円/90日間
ネットセーフティ
空港ラウンジ
  • P-oneカード<Standard>の券面
  • P-oneカード<Standard>の詳細を見る
  • P-oneカード<Standard>の公式サイトへ

P-oneカード<Standard>

請求時に全ての利用額が1%割引に!なんの手続も必要ありません。通常利用ではポイント付与されないので、P-one Wizと比べると魅力は劣ります。

年会費 永年無料
家族カード年会費 200円+消費税
ETCカード年会費 発行手数料:1,000円/年会費:無料
国際ブランド VISA Master JCB
ポイント付与
ポイント有効期限
ポイント還元率 1%
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
ネットセーフティ
空港ラウンジ
  • P-oneカード<G>の券面
  • P-oneカード<G>の詳細を見る
  • P-oneカード<G>の公式サイトへ

P-oneカード<G>

請求時に全ての利用額が1%割引!何の手続も必要ありません。さらにはポイントも同時に貯まり還元率は最高1.4%。年会費は有料ですが付帯サービス充実!

年会費 3,000円+消費税
家族カード年会費 1,000円+消費税
ETCカード年会費 発行手数料:1,000円/年会費:無料
国際ブランド VISA Master JCB
ポイント付与 1,000円毎に1ポイント
ポイント有効期限 最長2年間
ポイント還元率 最高1.4%
海外旅行保険 最高2000万円
国内旅行保険 最高2000万円
ショッピング保険 50万円/90日間
ネットセーフティ
空港ラウンジ
  • P-oneカード<Premium Gold>の券面
  • P-oneカード<Premium Gold>の詳細を見る
  • P-oneカード<Premium Gold>の公式サイトへ

P-oneカード<Premium Gold>

請求時に全ての利用額が1%割引!何の手続も必要ありません。さらにはポイントも同時に貯まり還元率は最高1.4%+α(ポイントバック分)。ワンランク上の付帯サービス。

年会費 10,000円+消費税
家族カード年会費 2,000円+消費税
ETCカード年会費 発行手数料:1,000円/年会費:無料
国際ブランド VISA Master JCB
ポイント付与 1,000円毎に1ポイント
ポイント有効期限 最長2年間
ポイント還元率 最高1.4%+α
海外旅行保険 最高5000万円
国内旅行保険 最高5000万円
ショッピング保険 500万円/90日間
ネットセーフティ
空港ラウンジ 国内28空港(Masterは除く)

P-oneカードの付帯サービスと年会費

P-oneカード<Standard>とP-one Wizは年会費永年無料のクレジットカードです。
特筆すべき付帯サービスはありませんが、P-one Wizにはショッピング保険が付帯しています。安心してショッピングが楽しめます!

また、オプション(年間700円+消費税)でロードサービスを付帯させることができます(JAF以上のサービス内容なので、検討の価値大です)。

P-oneカード<G>は年会費は3,000円(税別)と有料になりますが、海外/国内旅行保険、ショッピング保険が付帯しています。

付帯サービスで特筆すべきはP-oneカード<Premium Gold>です。
年会費は10,000円(税別)ですが、<Premium Gold>にだけ年間50万円以上の利用で1,000ポイントのボーナス(ポイント・バック)があります。1,000ポイントはファミリーマートお買い物券と交換した場合4,000円の価値がありますので、実質の年会費は6,800円(年会費10,000円+消費税800円-4,000円)と考えることもできます。

それでいて海外旅行保険の充実ぶりは、ずば抜けています!数あるゴールドカードの中でも疾病・傷害治療の補償額が500万円なんてクレジットカードは、あまり見たことありません。

空港ラウンジには注意が必要です。
P-oneカードゴールドの国際ブランドはMaster、VISA、JCBですが空港ラウンジサービスが受けられるのはVISAとJCBだけです。Masterではサービスを受けられませんのでご注意を!?

P-oneカードのマイレージ移行プログラム

P-oneカードのポイントはポケットカードのマイルクラブに加入(別途申込必要)すれば、JALマイレージバンクにポイントを移行することができます。

マイルクラブにはスタンダードコースとセレクトコースがあり、スタンダードコースは参加登録費・移行手数料は無料、セレクトコースは年間3,000円(税別)の参加登録費が必要になります。

移行レートはスタンダードコースで300ポイント→450マイル(1,000円=1ポイント=1.5マイル換算)、セレクトコースで300ポイント→900マイル(1,000円=1ポイント=3マイル換算)です。

正直、スタンダードコースもセレクトコースもマイレージ移行プログラムとしては、全く魅力はありません・・・
JALのマイルをもっと貯めやすいクレジットカードは他にもありますしね!?

JALのマイレージを貯めたい方はこのクレジットカード
クレジットカード別マイレージ移行徹底比較JAL編

P-oneカード マイレージ移行時ポイント還元率
マイルクラブのコース スタンダードコース セレクトコース
移行手数料 無料 3,000円+消費税
移行上限 7,500マイル/年間 15,000マイル/年間
マイル付与数 1,000円=1ポイント=1.5マイル 1,000円=1ポイント=3マイル
マイレージ移行レート 300ポイント→450マイル(JALマイル) 300ポイント→900マイル(JALマイル)
マイレージ移行ポイント還元率 0.3%(1マイルの価値を2円とした場合) 0.6%(1マイルの価値を2円とした場合)

P-oneカードまとめ

P-oneカードは請求時1%割引という他のクレジットカードにはないキャッシュバックシステムに加え、ポイントまで貰える高還元率のクレジットカードです!!

メインカードとして、おすすめのクレジットカードです!!
また、利用が少ない方や忘れっぽくポイントの管理が面倒な方でも、請求時1%割引の恩恵は必ず受けられるので、クレジットカードのライトユーザーの方やサブカードとしても非常におすすめのクレジットカードです。

P-one FLEXYについて

P-one FLEXY P-oneカードシリーズにはP-one Wiz以外にも支払自由型リボカードである、P-one FLEXYがあります。

クレジットカード利用額の請求時1%割引はもちろん、年会費が永年無料でポイントが通常の倍!1,000円毎に2ポイントが付与されます。ポイント分の還元率は0.4%~0.8%になり、請求時1%割引を加えたトータル還元率は1.4%~1.8%にもなります。

しかし、当サイトでは積極的におすすめしていません。致命的な欠点(とサルは感じる)があるからです。

同じリボ払いカードである、「P-one Wiz」は第1回目の支払日までに全額を支払えば、金利手数料は一銭もかかりません(『ずっと全額コース』を選択した場合ってことです)。

しかし、P-one FLEXYでは利用した翌日から金利手数料が発生するのです。P-oneカードは末日締めの翌々月1日払なので、約30日~60日分の金利手数料(1.2%~2.4%)が発生してしまうのです。これでは、ポイント2倍貰っても割に合いません・・・

ただし、リボ払いカードを検討していてリボ払い手数料はモトモト想定している方には、リボ払い手数料が安く、ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカードですよ。

ページのトップへ戻る