1番得するクレジットカード徹底比較

クレジットカード比較に役立つ情報が満載!

使えば使うほど得するクレジットカードを厳選し、ポイント(マイレージ)プログラムや付帯サービスを分析し徹底比較!

クレジットカードのポイント還元率

ポイント還元率ランキング

月間クレジットカード利用額別にポイント還元率をランキングしています!

クレジットカードのお得度はポイント還元率で決まる!

サル(管理人)はクレジットカードのお得度を決める最も重要な要素は、『ポイント還元率』にあると考えています。年会費の有無や付帯サービスの充実度も重要な要素ではあります。でも、お得度で考えるなら、やっぱりポイント還元率です!

例えば、年間クレジットカード利用額が100万円であるとします。
ポイント還元率0.5%で年会費永年無料クレジットカードでは5,000円の還元になりますが、ポイント還元率1%のクレジットカードなら10,000円の還元になります。このカードの年会費が2,000円だったとしても純還元額は8,000円となり、年会費永年無料のクレジットカードと比べても3,000円もお得です!!

ほとんどのクレジットカードが年会費2,000円以下ということを考えると(ゴールドカードを除く)、年間にある程度の利用額があるなら、メインカードにはポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶのが賢い選択です。それに、付帯サービスの充実した年会費永年無料クレジットカードとなると数は限られるけど、年会費有料クレジットカードまで含めると選択の幅はググっと膨らみます。

年間クレジットカード利用額とポイント還元率、それに年会費とのバランスによって、あなたにとってお得度の高いクレジットカードが決まります。

ポイント還元率の高いカードを探せ!

今、クレジットカードが利用できるお店やサービスはどんどん増えています。
サルは携帯電話代、固定電話代、電気代、ガス代、インターネットプロバイダー代、サーバー代、新聞代、保険代等、可能な支払いは全てクレジットカード決済しています。
以前は銀行口座決済(口座振替)してた支払いもあったけど、クレジットカード決済ならポイント還元がある上に高額になるわけでもないので全部変えました。これら毎月の固定費だけでも月3万円以上クレジットカードで決済しています。

街にでても、専門店だけでなく、コンビニやスーパー、飲食店にタクシーと日々の生活費でさえクレジットカード決済可能なお店やサービスがどんどん増えています。コンビニなんかではサインレス決済なので、時間も現金決済より短縮できて、すごくスムーズです。今までは現金決済を中心にしていた方でも見直せばかなりの金額をクレジットカード決済に移行できるんじゃないでしょうか!?

現金決済からクレジットカード決済にある程度移行できるのであれば、メインカードにはポイント還元率の高いカードを選び、サブカードで付帯サービスに期待するというのが最もお得なクレジットカードの利用方法であるといえます。

ポイント付与率とポイント還元率

ポイント還元率』と同じような言葉で『ポイント付与率』という言葉があります。例えば100円で1ポイント貰えるなら、ポイント付与率は1%になりますし、1,000円で1ポイント貰えるなら、ポイント付与率は0.1%ということになります。 たまに、クレジットカードを紹介するサイトで、このポイント付与率が重要で、お得度の尺度であるようなことが書いてあることがありますが、サルは断言します!

ポイント付与率には何の意味もありません!!

だって、そうでしょう?

例え100円で1ポイント貰ったとしても、5,000円の商品券と交換するのに10,000ポイント必要なのか、5,000ポイント必要なのかでお得度は全然違います。この場合、ポイント還元率でいうなら、10,000ポイント必要な場合はポイント還元率が0.5%のクレジットカードですし、5,000ポイント必要な場合はポイント還元率1%のクレジットカードということになります

また、1,000円で1ポイントしか貰えないクレジットカードでも、5,000円分の商品券と交換するのに400ポイントで交換できれば、そのクレジットカードのポイント還元率は1.25%であり、この中では最もお得なクレジットカードであるといえます。

そう!ポイント付与率ではなく、ポイント還元率が重要なのです。

お得なポイント還元率の尺度

では、どれくらいのポイント還元率があれば、お得なクレジットカードといえるのでしょうか?

金券還元(ギフトカード/商品券/キャッシュバック等での還元)の場合、極めて一般的なポイントプログラムのポイント還元率は『0.5%』だと思います。クレジットカードによっては、当年や前年の実績によって、50%程度のボーナスポイントが追加されるプログラムも一般的です(ポイント還元率は0.75%)。

平均的なクレジットカードのポイント還元率が0.5%~0.75%ということから鑑みると、ポイント還元率1%以上あれば、お得なクレジットカードといえるのではないでしょうか?

メインカードとしては、ポイント還元率1%以上のクレジットカードを選びたいものです!

ギフトカード(商品券)還元ではなく、キャッシュバック還元の場合、還元されるのがキャッシュなので、もう少し低くてもいいかな!?とも思うのですが、この際同じだと考えてしまいます。

航空会社のマイレージプログラムへの移行の場合はどうでしょうか?
マイレージプログラムに移行できるクレジットカードのポイントプログラムには2種類あります。参加登録費が有料のマイレージ移行プログラムと無料のマイレージ移行プログラムです。参加登録費が有料のマイレージプログラムの場合、100円で1マイルと交換できるのが一般的です。っていうか、ボーナスポイントを考慮にいれなければ、ほとんどがこのパターンです

当サイトでは1マイルの価値を2円として計算しているので、ポイント還元率は2%ということになります。このことを鑑みると、ポイント還元率2.2%以上(100円利用換算で1.1マイル以上)あるなら、お得なクレジットカードであると考えていいいのではないでしょうか?

当サイトでは、クレジットカード毎にポイント還元率を表示しています。みなさんが予想するクレジットカード年間利用額(現金決済からの移行可能額も上乗せしてください)にこのポイント還元率を掛け合わせると、みなさんがクレジットカードの利用により年間でいくら得するかが金額でわかります。

この得する金額とクレジットカードの年会費、ライフスタイルからみなさんにとっての最強のクレジットカードを選んでください。

ページのトップへ戻る