1番得するクレジットカード徹底比較

クレジットカード比較に役立つ情報が満載!

使えば使うほど得するクレジットカードを厳選し、ポイント(マイレージ)プログラムや付帯サービスを分析し徹底比較!

ハワイのお供にJCBカード

日本人に大人気の海外渡航先『ハワイ』!!
もちろん、サルも大好きです。常夏だけど蒸し暑くはなく快適な気候、治安はいいし食事も美味い!マリンスポーツを含め目いっぱい遊べるし、買い物天国でもあるとくれば人気が出ないはずがありません。言葉にもそれほど不自由しないしね!?サルは3年連続でホノルルマラソン参加のためハワイに行ってます。

JCBカードのマークハワイではJCBカードを持っているだけで受けられるサービスがあるんです。必携ですよ!!
国際ブランドがJCBであればOK。カード表面に左←のようなロゴマークがついているクレジットカードが国際ブランド『JCB』ってことです。クレジットカード発行会社や年会費の有無は関係ありません。

ワイキキトロリー『ピンクライン』の無料乗車

JCBカードを持っていれば、アラモアナとワイキキを巡回しているトロリーバス『ピンクライン』に無料乗車できます。
通常は1回乗車するごとに$2かかります。それが乗車時にJCBカードを提示するだけで何度でも無料になるのです!JCBカード1枚で本会員と同乗家族の大人1名、子供2名(11歳以下」)の最大4名までが無料の対象です。こりゃ、持っていかないと損ですよね?
2016年3月31日までの期間限定ですが、以前の2013年3月31日までの期間限定から3年間延長されました。これからも延長されることを期待してもいいんじゃないかな!?

ワイキキトロリー『ピンクライン』1 ワイキキトロリー『ピンクライン』2

ピンクラインは上の写真のように『JCBカードの提示で乗車賃無料』の広告幕が目立つので、見逃してしまうってことはなさそう。
ただ、稀に広告幕を掲示していないピンクラインがあります。JCBカードの広告幕がなくても、車両前面の両サイドにピンク色の旗を掲げていればピンクラインです。JCBカードの提示で無料乗車可能です。

ピンクラインの停留所は、
DFSギャラリア・ワイキキ→モアナ・サーフライダーウェスティン→デューク・カハナモク像→アストン・ワイキキ・ビーチ・ホテル→ヒルトン・ワイキキ・ビーチ→オハナ・ワイキキ・ウェスト・ホテル→コートヤード・バイ・マリオット→キング・カラカウア・プラザ→サラトガ通り(郵便局前)→ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ→アクア・パームズ・ホテル&スパ→アラモアナ・センター(ノードストローム側 降車のみ)→アラモアナ・センター(海側)→イリカイ・ホテル→ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ→サラトガ通り(トランプ・タワー)→ハードロックカフェ→DFSギャラリア・ワイキキ
のルートです。

DFSギャラリアからワイキキのメインストリートである『カラカウア大通り』を東進、一本山側の『クヒオ通り』を西進し、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジを経由してアラモアナショッピングセンターに到着します。その後、またDFSギャラリアに戻ってきます。
ワイキキエリア内の移動やアラモアナエリアへの移動はピンクラインを利用すれば楽ちんです。

JTBツアー客であれば『‘OLI‘OLIウォーカー』、HIS客であれば『Lea Leaトロリー』、JALパックツアー客であれば『レインボートロリー』が無料利用できます。でも、これらのツアー客であってもJCBカードを持っておくことをおすすめします。選択肢は多い方が絶対にいいです。来たトロリーに乗れるので、時間短縮になるしね!?

JCBプラザ ラウンジ・ホノルル

もう一つ、JCBカードを持っているだけで利用できるのが、『JCBプラザ ラウンジ・ホノルル』です。
ゴールドカードである必要はありません。年会費の有無やクレジットカード発行会社も関係ありません。国際ブランドが『JCB』のクレジットカードを提示するだけで無料で入場できます!

場所はDFSギャラリア・ワイキキの隣のビル『ワイキキ・ショッピング・プラザ』の2階です。エスカレーターを上がれば、すぐに見つかると思います。

JCBプラザ ラウンジ・ホノルルの入り口

サービスとしては下記のような感じです。

  1. ハワイの観光案内
  2. オプショナルツアーや各種チケット、レストラン、ホテル等の予約
  3. インターネット、プリントアウト無料サービス
  4. Wi-Fi無料利用
  5. 日本語の新聞や雑誌の閲覧
  6. ハワイのガイドブックや情報誌の閲覧
  7. ドリンクサービス
  8. マッサージ機
  9. 荷物の当日中一時預かりサービス

ワイキキの中心地なので、ショッピングに疲れた時の休憩場所としても最適です!!
JCBプラザ ラウンジ・ホノルルのマッサージ器 JCBプラザ ラウンジ・ホノルルの飲料サービス
フットマッサージに冷たい麦茶やコーヒーサービスがあるので、ショッピングで疲れた体には最高です(無料)!!

ラウンジ内はこんな感じです。
JCBプラザ ラウンジ・ホノルルの全景1 JCBプラザ ラウンジ・ホノルルの全景2
日本の雑誌や新聞をはじめ、ハワイのガイドブック/ツアーパンフレット等が閲覧できます!
また、現地スタッフの方におすすめのレストラン情報やアクティビティについて日本語で相談できるし、割引価格での予約も可能です。ただし、割引率はタウン情報誌(街中のいたるところにあります)の方が若干大きいような印象です(サルの主観ですが・・・)。

JCBプラザ ラウンジ・ホノルルのネット環境
インターネットで調べ物をしたり、メールの確認をしたり、また調べた情報をプリントアウトすることも可能です。

これらが、一切無料利用できるのです!すごくないですか?

『ピンクライン』と『JCBプラザ ラウンジ・ホノルル』が無料利用できるJCBカードはハワイの必需品といっても過言ではありません。

ページのトップへ戻る