1番得するクレジットカード徹底比較

クレジットカード比較に役立つ情報が満載!

使えば使うほど得するクレジットカードを厳選し、ポイント(マイレージ)プログラムや付帯サービスを分析し徹底比較!

YAHOO!JAPANカードでTポイントを貯める!使う!

まだ工事中です

日本最大のポータルサイトといえば、やはり『Yahoo! JAPAN』ですよね?

検索ではGoogle(Yahoo! JAPANにもGoogleの検索エンジンが搭載されています)、ネットショッピングではamazonや楽天って方も情報収集先の玄関口となるポータルサイトとしてはYahoo! JAPANを利用する方が多いのではないでしょうか?

ニュースや天気、ファイナンス情報、スポーツ情報、映画情報等、あらゆる情報が1つのサイトにまとまってるYahoo! JAPANはサル(管理人)にとっても最強のポータルサイトです。

 

その最強のポータルサイト『Yahoo! JAPAN』でサービス利用(Yahoo!ショッピング等)すると貰えるのが、最強の共通ポイントとも言える『Tポイント』です。
以前のYahoo! JAPANでは独自ポイントプログラムである『Yahoo!ポイント』を展開していたのですが、2013年7月よりYahoo!ポイントはTポイントと完全統合しています。

Tポイントの魅力

元々はビデオ(CD/DVD)レンタルチェーン『TSUTAYA』のポイントプログラムでしたが、有力な提携先をどんどん増やし、現在では『PONTA』と双璧で最大級の共通ポイントプログラムとして君臨しています!

Tポイントは加盟店で清算時にTカードを提示することで付与されます。
提携店舗ではクレジットカードの利用は関係ありません。提示するだけで現金で支払っても電子マネーで支払ってもTポイントが貰えます。

Tポイントのリアル店舗での有力提携先一覧
提携店舗 Tポイント付与率 ポイント還元率 Tポイント利用 Tカード入会
TSUTAYA 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円
東急ホテルズ 100円=1ポイント 1% ×
カメラのキタムラ 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円
アルペン/スポーツデポ/ゴルフ5
(アルペングループ)
200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円
アシックス 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円
ファミリーマート 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円
サークルK/サンクス 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円
スリーエフ 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円
マルエツ 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円
三越 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円 ×
伊勢丹 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円 ×
ウエルシア 108円=1ポイント 0.9% 1ポイント=1円
島忠・ホームズ 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円
エディオン 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円
ガスト/バーミヤン/ジョナサン
(すかいらーくグループ)
200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円 ×
ドトールコーヒー 100円=1ポイント 1% 10ポイント=10円
吉野家 200円=1ポイント 0.5% 10ポイント=10円
牛角 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円 一部店舗
ロッテリア 200円=1ポイント 0.5% 10ポイント=10円 ×
フォルクス 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円
洋服の青山 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円 ×
眼鏡市場 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円
ソフトバンク 1,000円=5ポイント 0.5% 1ポイント=1円
ENEOS 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円
ニッポンレンタカー 200円=1ポイント 0.5% ×
オートバックス 200円=1ポイント 0.5% 1ポイント=1円 ×

Tカードを提示するだけでTポイントが貰えるってことは、Tカードを提示しクレジットカードで支払ったときはTポイントとクレジットカードポイントの二重取りになるってことです。

貯まったTポイントはTポイントが使える提携店舗で1ポイント=1円として利用可能です。
有力提携店舗が多いのでポイントを無駄にすることはないし、いろいろなポイントをTポイントに移行することもできるのでポイントのまとめ先としても最適です!貯まる使える店舗が多いのでTカードは絶対に持っておきたいところです。

Tポイントの有効期間は、ポイントの最終利用日(貯める/使う/交換する)から1年間です。ポイントの増減があれば、有効期限はどんどん延長されていきます。

Yahoo! JAPANカードでTポイントを貯める

そんなYahoo! JAPANが発行するクレジットカードが『Yahoo! JAPANカード』です。
クレジットカードの利用で100円=1ポイントの付与率でTポイントが貰えます。Tポイントは1ポイント=1円の価値なのでポイント還元率は1%です。1%の還元率なら高還元率のクレジットカードと言えるので、メインカードとしての実力も十分です!

貯まったTポイントはYahoo!ショッピング等、Yahoo! JAPAN内のサービスで利用できるのはもちろん、全国の利用提携先で利用することができます。Yahoo!ショッピングはamazon、楽天と共にネットショッピングモールの三強だし、Tポイントの提携先も有力店舗が多いのでポイントの汎用性・利便性に関しては間違いなくTOPクラスです。

また、Tポイントの有効期限は、ポイントの増減があった日から1年間です。
Tポイントの獲得と利用だけに限定されると、場合によっては1年間利用することなくポイントを無駄にしてしまうことも考えられるけど、クレジットカード利用でポイントを獲得できるなら、1年間に1回でもカード利用すればTポイントの有効期限は永遠に伸びるので、実質的には無期限だと考えることができます。

クレジットカードの利用で貰えるポイントの有効期限が実質的に無期限なら、ポイントが無駄にならないので、ライトユーザーの方や少額利用のサブカードとしてもおすすめです!!

今までにもクレジットカード利用でTポイントが貯まるクレジットカードはあったのですが、付与率が良くなかった・・・(200円=1ポイント)
共通ポイントが直接貯まるクレジットカードとしては弱かった

Tポイントの弱点だった

例えば同じく共通ポイントの楽天ポイントは楽天カードなら、またPONTAでもリクルートカード、

Ponta Premium Plusなら1%の付与率で直接貯まります

例えば楽天ポイントが貯まる楽天カードなら100円=1ポイントだし、PONTA(正確にはリクルートポイントが貯まりPONTAと交換できる)が貯まるリクルートカードなら100円=1.2ポイント

の大きな魅力の一つがクレジットカードの利用で共通ポイントであるTポイントが貯まるってことです。

ポイント1:Tポイントが直接貯まる
一般的に、クレジットカードのポイントプログラムではクレジットカード独自のポイントが貯まり、それを共通ポイントと交換することが一般的です。それに対してYahoo! JAPANカードはショッピングポイントとして直接Tポイントが貯まるので、交換する手間がかかりません。もちろん、交換するときの手数料や端数などのロスもありません。

また、クレジットカードのポイントは有効期限があることがほとんどです。交換し忘れてポイントの有効期限が切れてしまったり、端数が残ってしまって交換できなかったりしたことはありませんか?

Yahoo! JAPANカードドなら直接Tポイントで貯まります。Tポイントは最終利用から1年なので使っていれば実質的な有効期限はありません!そして他のポイントに交換の必要がないので1ポイントまで端数もなく、全額使えます!(一部期間限定ポイントもあるので、ご注意ください。)
これはポイントを貯めるのに面倒が一切かからないのでとっても手軽で便利ですね!最後の1ポイントまで無駄なく使えるのもいいですね。

ポイント2:還元率が無条件で1%とお得で便利
Yahoo! JAPANカードは100円のカード利用毎に1ポイントのTポイントが貯まります。Tポイントは1ポイントを加盟店で1円分のお買い物に使えるので還元率は1%です。スタンダードなクレジットカードのショッピングポイント還元率は0.5%です。つまり、スタンダードなカードや他の多くのTポイント一体型カード還元率の倍お得です!

使い方次第で還元率の上がるカードは多いのですが、無条件で1%の還元率なので、使い方に気をつける必要がありません。細かいことを気にせず使えるのはストレスフリーなポイントです!

ポイント3:1枚でTカードとクレジットカードの機能が両方使える
Yahoo! JAPANカードには、Tカードの機能がついています。だから、全国のTポイント提携先ならカード利用のショッピングポイント+Tポイント加盟店のポイントのダブルでTポイントが貯まります。そしてカードを2枚持ち歩く必要もありません。

また、このカードで直接全国のTポイント提携先でTポイントが利用できます。ポイント交換の必要がなく、このカード1枚で貯めることも使うこともできてしまいます。

クレジットカードやその他のポイントを使い忘れてしまったり、使い切れなかったりしたことはありませんか?

このカードで直接お店やネットでポイントが使えるので使い忘れる心配もありません。これもとっても便利な特徴ですね!実質的な期限もなく1ポイントだけでもポイントが使えるのでカードを少ししか利用しない人でもポイントを使い切れます。

このようにポイントを貯めるのも使うのもとっても手軽で便利なのが、大きな特徴です。
手続をすればTSUTAYAの会員証としても使えます。

Tポイントをどれくらい使うかでメインカードでもサブカードでも大丈夫です。

<

WEBでお得

Yahoo! JAPANのカードなので、やはりYAHOO!JAPAN で特典があります。ネット通販のYAHOO!ショッピングやLOHACOを利用すると、ポイントが3倍になります。内訳はカード利用1倍、YAHOO!ショッピング、LOHACOご利用で1倍、ストアポイントで1倍~15倍で、ストアポイントによっては、3倍よりももっと多くのポイントが貯まります。YAHOO!プレミアム会員なら4倍、ソフトバンクスマホユーザーなら5倍のポイントがつきます。これらは併用できるので、合算すると12倍~26倍もポイントが貯まります。これは、お店での買い物がいつも12%引き、または12%分のお買物券がつくような感覚です。これはものすごいお得感ですね!
さらに5のつく日キャンペーンなどYAHOO!ショッピングのポイントキャンペーンやLOHACOのストアポイントと合わせるとさらにTポイントが貯まります。

Tポイントを使って買い物する場合には、全額をポイント支払いにせず、1円でもカード支払いを併用しましょう。1円でもカード決済すると支払い金額全体がポイント対象となるので、少額でもカード支払いにするとポイントが貯まりやすくなります。ちょっとの工夫ですが少しでもお得にポイントを貯めましょう。

YAHOO!JAPANカードお申込みと同時にYAHOO!プレミアム会員にお申込みすると、YAHOO!プレミアム会員費月額462円(税別)が2か月間無料になります。YAHOO!ショッピング、LOHACO、ヤフオク!をよく使う人などにお得なサービスです。

YAHOO!かんたん決済が初年度は月1回無料です。

お買い物でも、WEBでも安心

YAHOO!JAPANカードには、ショッピングガード保険がついています。カードでお支払いの商品が90日以内に盗難、破損、火災等の事故に損害を被った場合に補償されます。
ネットショッピングで郵送のときや、海外でも移動中などでせっかく買ったものが破損してしまうとたいへんです。大切なもの、高価なものを買う時にはショッピングガード保険のついているカードで買い物すると安心です。(一部補償にならない品物があります。補償対象は1万円以上で自己負担が3000円あります。)このような時は他のカードや現金ではなくショッピングガード保険のついたカードで買い物したいですね。

このショッピングガード保険、カード会社によって名称は違いますが、プレミアムカードでつけられていることが多い保険です。年会費無料のカードでついていることは珍しい補償です。ゴールドカードでもついていなかったり、補償が限定されていたりすることもあります。年会費無料でこの補償がついているのは、とても嬉しいですね。
また、ヤフオクの中古品も対象になります。ヤフオク!を利用している人には安心がつくサービスですね。
この補償だけでも、お財布に入れておく価値があると思います。

また、オプションとしてお買い物の補償や日常のトラブル、旅行、インターネットのトラブルなど18種類の保険がセットになっているプラチナ補償に月額490円(税別)で加入できます。

お申込みと審査

YAHOO!JAPANカードは、高校生を除く18歳以上の方がお申込みできます。主婦、学生の方、パートアルバイトの方、年金受給者の方もお申込できます。
ただし、YAHOO!JAPANカードのお申込みには、YAHOO!JAPAN IDが必要です。また、お申込みやその他のお手続きにはWEBを利用することが多くなります。WEB以外からの申し込みはできません。リアルな店舗でもお得になることが多いカードで、必ずしもWEB利用の多い人だけがお得になるカードではありません。しかし、手続のことを考えると、WEBが苦手という人は少々不便なカードと思った方がいいでしょう。
利用限度枠は公式情報では10万円~50万円です。(50万円~100万円の枠の方もいるとの情報もあります。)お申込者に大きな制限はなく、申込しやすいカードです。最低利用枠の10万円は、一般カードとして一般的な枠で特に申込に制限がないことを示しています。最高限度枠が50万円は、他のクレジットカードと比べて大きな枠ではありませんが、1回払いで利用している限り普段使いで使い切ることは少ないでしょう。
審査時間は最短2分と最速クラスです。カードは郵送のため、到着まで1週間前後かかりますが、申込から受け取りまで速いカードです。海外旅行に行くときやネットショッピングなどで、早くカードが欲しい時には嬉しいですね。
しかし、審査は申し込んだ人個別のないようになるため、個人差が大きく出ます。全員の審査がすぐ終わるわけではなく審査に数日かかることもあります。そのため、受け取りも1週間以上かかるケースもあります。

別のTカードを持っていても、YAHOO!JAPANカードのお申込みは大丈夫です。Tカードが複数になった場合、ポイントは移動してまとめて使うことができます。
ヤフージャパンでは、YAHOO!JAPAN JCBカード、YAHOO!JAPANカードSuicaを発行していました。これらのカードを持っている方も新しいYAHOO!JAPANカードにお申込できます。

YAHOO!JAPANと発行会社について

YAHOO!JAPANはヤフー株式会社が運営するポータルサイトです。日本の検索エンジンとして過半数のシェアを獲得している業界トップのサイトです。主なサービスとして日本最大のインターネットオークションサイト、ヤフオク!やショッピングポータルサイトYAHOO!ショッピング、旅行商品販売サイトYAHOO!トラベル、電子書籍販売サイトYAHOO!ブックストア、YAHOO!メールを始め、数多くのWEB関連サービスを行っています。運営会社のヤフー株式会社は、サイト内の広告や、ブロードバンド関連事業、ネットオークションの他、関係会社からの収益を収益源としています。アスクル、一休、カービュー、GYAOなどの関連会社があります。
ショッピングとしてはYAHOO!ショッピング、LOHACOが中心になりますが、他のYAHOO!JAPANの特典があります。YAHOO!JAPANを利用していただくためのカードなので、数多くのサービスが利用できます。

カード発行元はワイジェイカード株式会社です。2014年の設立ですが2015年にKCカードより会社分割方式でクレジット事業等を承継しました。KCカードは九州を地盤とする国内信販の流れを受けおり、実質的には歴史ある信販会社がベースとなっている会社です。一時期楽天KCとして楽天グループの信販会社でした。主要株主はヤフー株式会社65%、ソフトバンク・ペイメント・サービス35%です。

その他の機能(ETC・アップルペイ・nanacoチャージなど)

YAHOO!JAPAN IDをご利用の場合、ヤフオク!で出品する際の本人確認が不要になります。
インターネットのお財布YAHOO!ウォレットにYAHOO!JAPANカードを登録していれば、YAHOO!ショッピングやヤフオク!はもちろん、YAHOO!JAPAN以外のYAHOO!ウォレットが使えるサイトでも簡単、スピーディにお支払いができます。YAHOO!JAPANカードは自動的にYAHOO!ウォレットの「通常支払う方法」に登録されます。
ETCカードは、年会費500円でつけられます。
人気が高いのは電子マネーnanacoへのチャージです。JCBブランドのみチャージが。チャージ分もポイントが貯まります。Nanacoはセブンイレブンで税金を払う時にも使えます。その分もTポイントをつけることができます。Nanacoチャージするためには、本人認証サービスに登録する必要があります。
マスターカードブランドならauウォレットにチャージできます。クレジットカードからのチャージと利用時の両方でポイントが得られることで人気です。
YAHOO!JAPANカードはApple Pay にも対応しています。iPhoneにYAHOO!JAPANカードを登録しておくと電子マネーのクイックペイとして利用することができます。Apple Payにはカードが8枚まで登録可能です。

毎月の支払いをカード払いにすると、Tポイントがより貯まりやすくなります。会社によってできない地域もありますが、電気、ガス、水道、通信費、新聞、国民年金など、公共料金でも支払するとTポイントが貯まります。YAHOO!JAPANカードをメインカードで利用している人は登録を考えましょう。ただ、銀行口座振替で割引がある会社もあるので、どちらがお得か考えましょう。
ふるさと納税もYAHOO!JAPANカードを使えば、Tポイントが貯まります。ふるさと納税は、応援したい自治体に寄付をしたときに、2000円を超える部分が住民税や所得税から控除される仕組みです。納税している方は実質的な負担が2000円でお礼の品を受け取ることができます。つまり、お礼の品とTポイント両方がもらえます。お得になって地域も応援することができます。被災地に寄付をすることにも使えます。

YAHOO!公金支払いで、自動車税、固定資産税、住民税などの税金の他、水道料金やNHK受信料にも使えます。また、ふるさと納税にも使えます。YAHOO!公金支払いにYAHOO!JAPANカードを使うと、Tポイントを貯めることもできます。Tポイントを使うこともできます。

YAHOO!JAPANカードのJCB、マスターブランドにはTマネーの機能がついています。Tマネーを使うと月間利用金額500円につき1ポイントTポイントがつきます。TマネーはTSUTAYA、ファミリーマートなどの提携店で使える電子マネーです。キャンペーンでチャージに使える「Tマネーギフトカード」がお得に買えることがあります。この時にチャージすればお得になります。

ウェルシアでは毎月20日のお客様感謝デーにTポイントを200ポイント以上使うと、1.5倍のお買い物ができます。つまり、200ポイントで300円分のお買い物ができます。
マルエツでは不定期に475円で500円分のお得なお買物券と交換をします。
ANAのマイルとの交換もできます。
自分のライフスタイルにあったお得な使い方をすればTポイントは1ポイント1円以上の還元ができます。

海外旅行保険はついていません。カード利用限度額も大きなカードではないので、海外旅行保険のついたカードも別に持っていく方が良いでしょう。普段使いに便利なカードですが、ショッピングガード保険がついているのは、海外での買い物でも安心です。

まとめ

YAHOO!JAPANカードは、Tポイント提携店で利用、買い物をされる方、YAHOO!JAPANのサイトで利用、買い物をされる方におススメのカードです。
還元率1%とスタンダードなカードの倍の還元率でショッピングポイントがTポイントで貯まります。
YAHOO!ショッピングやLOHACOなどで3%とさらに高還元になります。
入会金年会費無料なので、持っていて損はありません。
Tポイントは最も使いやすい共通ポイントなので、交換の必要もなく利用が簡単です。
入会金年会費無料なのにショッピングガード保険がついているので、高額なお買い物でも安心です。ヤフオク!のお買い物も補償対象です。

とてもシンプルで気軽に使いやすいカードです。普段使いの買い物に便利な機能に絞っています。ポイントの仕組みもシンプルで使いやすく、特に使い方を気にせずに貯まります。Tポイントで貯まって使えるので多くの人にお得に使えます。ライフスタイルに合わせてお得になるカードは違いますが、ネットでもリアルでも使えるお店の多いTポイントが貯まりますので、マッチする人がとても多いカードでしょう。年会費も無料なので、とりあえず財布に入れておく感覚でもOKです。

  • 楽天カードの券面
  • 楽天カードの詳細を見る
  • 楽天カードの公式サイトへ

楽天カード

年会費 永年無料
家族カード年会費 永年無料
ETCカード年会費 500円+消費税(プラチナ会員以上は無料)
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
ポイント付与 100円毎に1ポイント
ポイント還元率 1%
ポイント有効期限 実質無期限
SPU 最大6%加算
海外旅行保険
付帯条件:利用付帯
  • 死亡・後遺傷害:最高2000万円
  • 傷害・疾病治療費用:最高200万円
  • 賠償責任:最高2000万円
  • 救援者費用:最高200万円
  • 携行品損害:最高20万円(免責3,000円)
国内旅行保険
ショッピング保険
ネットセーフティ
空港ラウンジ
ページのトップへ戻る